otter tail

ワンコとの生活を経てニャンコとも仲良くしてます

プロジェクター紹介②~三脚編~

前回に引き続きプロジェクターについて書きます。
今回は同時に購入した周辺機器について。

ミニ三脚、Manfrotto社の「PIXI EVO」です。
e0318091_20550629.jpg
Manfrotto社のPIXIシリーズには、脚を伸ばせるタイプと
伸ばせないタイプがあります。
私が購入したのは伸ばせるタイプの「EVO」。

EVOは伸ばせる分、ちょっとサイズが大きめになりますが、
私は持ち運びをする予定がないので問題なし。
大きめ、と言っても、プロジェクターと並べるとこんな感じ。
e0318091_20552607.jpg
ボール雲台で頭が丸いので、なんだか四足歩行のロボットっぽい。

Manfrotto社はイタリアの会社なので、全体的にオシャレな
雰囲気が漂ってます(笑)
デジカメ用に買うならブラックだけど、今回はプロジェクター用なので
ホワイトをチョイス。でもブラックもかっこいいんですよね~!

雲台には「DESIGNED IN ITALY」の刻印が。
e0318091_20551601.jpg
マットな質感ですべすべしているので、意味もなく触って
いたくなっちゃう(私だけ?)!



それではいよいよプロジェクターとドッキング!
e0318091_20553521.jpg
EVOは脚の開脚角度を、55°と80°の二段階選べます。
上の写真では、55°にして脚を伸ばしていない状態。


脚の伸ばしは5段階選べますが、下の写真ではMAXまで
脚を伸ばした状態です(開脚は55°のまま)。
e0318091_20554837.jpg
開脚角度55°だと、脚最短→最長にした時の高さの違いは
約3.5cmほど


お次は、脚を一番縮めて開脚角度を80°にした状態。
e0318091_20555955.jpg
この開脚角度のまま脚をMAXまで伸ばすと、2cm弱ほど
高くなります。



あくまでミニ三脚なので、大型の三脚に比べると自由度は
低くなりますが、私の用途だとこれで十分。
というのも、私が三脚を買った理由はズバリ!

天井に映した映像を寝ながら見たいから!

というか、プロジェクターが欲しかった理由がそもそもそれ(笑)!

なので、プロジェクターと三脚は絶対にセットでなくては
いけませんでした(笑)

EVOのおかげでそれが叶い、最近は夜ベッドに入る時間が
以前より早まったくらい。
今まではパソコンやiPadで寝る直前まで映画等を観ていたので、
ベッドに入るのがすごく遅くなっていました。
でもプロジェクターが来てからは、お風呂上りにまずはに映した
映画を観ながら髪を乾かしたり基礎化粧品を付けたり。
寝る準備ができたら三脚の角度を変えて、天井へ映した映画を
観ながら就寝◎

ウトウトし始めたらすぐに電源を落とせるのもLEDタイプの
プロジェクターのいいところです。
水銀ランプタイプはランプを冷やすためにしばらくファンが
回り続けるのでこうはいかない。


次回は、この三脚とプロジェクターでのお楽しみをさらに
パワーアップさせてくれる強い助っ人「Fire TV」とコンパクトな
DVD/ブルーレイ再生機を紹介します。

もうしばらくお付き合いください◎


おしまい



よろしければポチッとお願いします
        ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by leica1114 | 2018-08-23 12:36 | 家電 | Comments(0)