otter tail

leica1114.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 04日

金沢より届いた一陣の風

      ↑
みたいなタイトルを付けてしまうくらいステキな
ものが届きました!

届けてくださったのは、私にとってのオシャレ伝道師
であるところのルーカスママさんです◎
金沢へ行かれたそうで、わざわざお土産を…感激!

届いた瞬間から漂う良い香り◎
e0318091_13462348.jpg
めちゃめちゃいい香りのするお香が入っていました!

もういい香りすぎて魔法のようです◎


まずは1本ライカと一緒に楽しみました◎
e0318091_1346358.jpg
残りは箱に戻してクローゼットへ。
クローゼットの中がいい香りになってくれるはず◎



さらに、オシャレなお干菓子まで!
e0318091_13464883.jpg



開けた瞬間、母と「ステキー!」と悲鳴を上げて
しまいました。
e0318091_13465939.jpg
すごく繊細で、もうなんとも言えない可愛らしさ◎
もはや神が作りたもうたお菓子ですね、これは!

食べるのがもったいなくて仕方ないです(笑)
オブジェのように飾っておきたい…!

渋めの色合いとか、装飾を極力排した潔い感じとか、
まさに和菓子の真骨頂ですね。うっとりしちゃいます◎


まずはライカが味見をば◎
e0318091_13474386.jpg
この後私もひとついただきました。


…激ウマ…!


こんな雅なお菓子も世の中にはあるんですね…
この世にはまだまだ知らないことばかり…
ルーカスママさんに扉をひとつ開けていただきました。
ありがとうございます!



お香とお干菓子とニコニコライカの合わせ技◎
e0318091_1347583.jpg
最高の癒しスポットがここに(笑)



お土産にはもうひとつ、加賀手毬のクリアファイルが
入っていました◎
e0318091_1348923.jpg
実は私、小学生のころ、何がきっかけだったのか思い出せない
のですが、「手毬を作ってみたい」と思い立って作り方を調べた
ことがあります。
当時はインターネットもなかったので、図書館へ行って本を
探すこと数日。結局詳しい作り方の載っている本は見つけられず、
手毬作りの職人さんのインタビューが載っている雑誌を見つけて
そこに載っている小さな写真から「こうかな?」とチャレンジして
みました。

小さな芯に糸をひたすらぐるぐる巻いて、毬の丸い形を作り、
そこに模様を刺していく、という過程はなんとなくわかったものの、
詳細が分からず結局挫折△

でもその頃の手毬に惹かれた気持ちが少し残っていたせいで
しょうか。数年前に急に「加賀指ぬきを作りたい」と思い立ち
Amazonにて本を購入しました。

      こちら
        ↓
e0318091_1348188.jpg
作りたい!と思ったら、すぐに指南書が手に入るなんて
インターネット万歳、Amazon万歳です(笑)

本を買う前から、作ってみたい模様は決まっていたので、
たくさん載っている模様の中から、実際に作ってみたのは
4個だけですが、せっかくなので近いうちにブログで紹介
したいと思います◎


ルーカスママさんありがとうございました!




おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-06-04 14:43 | 日常


<< 箱入りビワ◎      残ったSIENA その① >>