otter tail

leica1114.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 15日

VAIOが本格的に壊れてしまった…かも…ていうか壊れた…

愛用しているデスクトップパソコンのVAIOが起動しなくなって
しまいました…

正確に言うと、起動した後に「スタートアップ修復」の選択画面へ
導かれ、そこで「スタートアップ修復」を選んでも「通常起動」を選んでも
パソコンがフリーズして固まり、HDDアクセスランプが全く点灯しない…
という状況に。

SONYのVAIOカスタマーサービスの方から電話で指示して頂いて
いろいろ試してみたのですが、最終的に必ずパソコンが固まってしまい
先へ進めず手詰まりを迎えるという結果に…涙。

今使っているVAIOは購入して7〜8年目?くらい?なので、普段から
パソコンをバリバリ使う方からは「寿命だよ〜」と言われそうですが、
それなりに愛着もあるし大切に使っていたつもりなので、これでお別れかと
思うとなんだか単純に寂しいです…

今はとりあえず中に残っている写真データをなんとか取り出す方法を
考えつつ、新しいパソコン選びをしなくては…!




…と書きつつ、実はNEWパソコンの候補は一応決まっていて、10年以上振りに
Macにしようかなと思っています。

ノート(MacBookPro) or デスクトップ(iMac)→デスクトップ(iMac)
液晶サイズ 21.5 or 27インチ→27インチ


…とここまで決まっているので、あとは3つあるグレードの中から
どれにするか決めて、カスタマイズするかどうか考えればいいだけ。

メモリーはあとから自分で増設できるのでデフォルトの8GBのまま。
ストレージ容量もデフォルトのままでいいかな〜と思っていますが、
タイプをSSDに変えるというのも魅力的。

でも…

1TBFusinDrive、512GBSSDに変更すると、約3万円アップかぁ…

SSDはそうとう優れていると聞くけど、果たして3万円出してまで、
そして容量半分にしてまで、変更する価値があるのかどうか。
もちろん価値が「ある」人は絶対にいるはず。問題は私にとって
価値が「ある」のかどうか。

でもストレージは外付けで増やすことが可能だから、内蔵容量は
少なくていいっていう考え方もあり。
そもそも壊れてしまったVAIOも、最初から外付けHDDに写真データを
こまめに入れておけばデータ取り出しに頭悩ませる必要もなかったわけで…

実際、VAIOの内蔵HDDは(無駄に)2TBあったけど、全然使ってなかったしね(苦笑)

私の性格的に内蔵容量があると、とりあえず一旦内蔵ストレージの方へ
入れておいて~…結果そのまま…ってなりそうなので、SSD512GBにして
「内蔵ストレージあんまり無いからこまめに外付けに入れるのだ!」って
自分にプレッシャーかけた方がいいのかも、なんて思ったり。

今はまだ高い外付けSSDも、段々と値段が下がってくるだろうし。
そうしたら外付けもSSDにすればスッキリ!
内蔵ストレージは購入時じゃないとSSD選べないからここは3万円出して…

う〜ん、う〜ん…



とりあえず今週末はもう少し悩んでみようかな、と思います。



VAIO壊れてから、iPadに活躍してもらっていますが、なんかこのミニマムな
感じも悪くないね~なんて思っている今日この頃です。


パソコンをバリバリ使う人は、壊れる前に「そろそろ次のを」って買い換えるの
だろうけど、ネット検索・hulu等のVOD視聴・ブログ更新・写真保存くらいしか
使わない私は、壊れてないのに新しいパソコン買うという発想があまり浮かばない
ので、基本買い替えのときはパソコンが壊れた時。
だから次のパソコン選んでいる時ってなんだか精神的に焦っていることが多い…

でも今回はなぜかあまり焦りがなくて、iPadでのんびりiMac情報を読んでます。
あと数週間くらいはこのままでも大丈夫そうですが、さすがに来週頭くらいには
結論出してスッキリもしたいので、できたら来週はアップル銀座店にでも
行きたいな~なんて思っています。


おしまい


[PR]

# by leica1114 | 2018-09-15 16:51 | 家電 | Comments(0)
2018年 09月 04日

プロジェクター紹介④~DVD/ブルーレイ再生機編~(終)

4回にわたって書いてきたプロジェクター紹介も、
今回で最後です。

今日紹介するのは、プロジェクター用に購入した
機能最小限のコンパクトなDVD/ブルーレイ再生機。

録画機能は必要なく、完全に再生専用として使いたかったので、
SONYのBDP-S1500BMを選びました。

再生専用機は基本的にデザインもシンプルなものが多いのですが、
このSONYの機種はシンプルさが群を抜いていました◎
SONY大好き人間(笑)なので、うれしくなって即ポチ!

e0318091_20570036.jpg
今は再生専用機ってブルーレイでもすごく安いのでビックリ
しました。


機能が少ないので本体に付いているボタンも電源とディスクトレーの
開閉用の2つだけ。しかもその2つが本体前面にフラットな形で配置
されているので、何度も言うようですがザ・シンプルです(笑)
(USB端子もあります)

e0318091_13110089.jpg
表面の素材もさわり心地のいいマットブラックで、安いのに
そこはかとなく高級感もあります。
マットブラックの質感は2タイプに分かれていて、部分的に
ツヤツヤブラックの場所も。

箱から出して一目見たときからすっかりお気に入り家電に
なりました。後は壊れずに長く使えれば言うことなし!




…と、こんなに気に入っている再生機ですが、実は始めのうち
購入予定ではありませんでした。
というのも、私の無知により、こちらのPC用外付けドライブを
プロジェクターに使えると思っていたから…
            ↓
e0318091_20570800.jpg
(これもシンプルでお気に入り!)

プロジェクターが届いてすぐ、このドライブをプロジェクターにつなぎ、
プロジェクターが来たら一番に観ようとポチっておいた「エイリアン」の
ブルーレイをセット!

e0318091_20573409.jpg
さぁ再生!

大画面でエイリアンだ!


…と構えた私。ところがいつまでたっても何も始まらず…



あれ??もしかして再生できないの??

このあと調べてみて、見事できないことが判明したため、
先ほど紹介したSONYの「BDP-S1500BM」の購入に
至りました。
あ、ちなみに「エイリアン」がすごく好き!というわけでは
ありません(笑)
なんとなく大画面で観るとよさそうだな~と思ってポチ。




        *  *  *




映像の音声は本体からも出ます。

思ったほど悪い音でもなかったですが、まぁもちろん
いい音とは言えず…

なので、私は手持ちのBluetoothスピーカーにつないでいます。

「JBL CHARGE3 」
e0318091_20571710.jpg
つないでいます、と書きましたが、Bluetoothスピーカーなので、
もちろんケーブルレス。

JBL CHARGE3 を購入したのは数年前ですが、購入当時は
BOSE社の「 SoundLink Mini 」がかなり話題になっていて、
私も最初のうちはそちらを購入する予定でした。

でも、ネットで比較動画やレビューを見ているうちに、JBL社の
方に心が傾いてきて、最終的には「CHARGE3」に決めました。

理由は2つ。
まず単純に「CHARGE3」の方が好みの音だったということ。
そして「CHARGE3」は防水レベルがIPX7だということ。

IPX7というのは、お水の中にボチャンと放り込んで完全に
沈めても30分程度なら大丈夫という防水レベルです。

お風呂場に持ち込んで音楽聴きながらのバスタイムを楽しむなんて
全く問題の無いレベル◎
毎晩お気に入りの音楽を流しながらお風呂場で使っています。

それをプロジェクターでも使えるので、活用の幅が広がりました。
「CHARGE3」で音声を流すと、迫力のある映画などでは違いが
際立ちます。

「CHARGE3」があって良かった!




        *  *  *




一気に増えたお気に入り家電◎
e0318091_20572569.jpg


スピーカーと再生機は無理ですが、それ以外のものは
コクヨのデスクトレーに納めることができました。

e0318091_20115428.jpg

こんなことができるのも、プロジェクター本体が
コンパクトだから!

先々週も兄ファミリーが泊まりに来た際、一階のリビングに
持って行って、甥っ子姪っ子のためにドラえもんを映写。

持ち運びも設置も本当に簡単なので、別にプロジェクターで
観なくても良くない?というものまで観たくなってしまいます。


普段はもう一つあるコクヨのデスクトレーと重ねてPCデスクの
定位置に。
e0318091_20120362.jpg

この中にプロジェクター関係のものが一式入っているとは
思えないコンパクトさです。

何年も迷っていたプロジェクターですが、思い切って
購入して本当に良かった◎
少数派だとは思いますが、もしプロジェクター購入を
迷っている方がいたら、断然オススメしちゃいます!



おしまい



よろしければポチッとお願いします
        ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

[PR]

# by leica1114 | 2018-09-04 20:46 | 家電 | Comments(0)
2018年 08月 28日

プロジェクター紹介③~FIre TV編~

前回、前々回に続き、プロジェクター関係の投稿です。

今回はとっても便利な「Fire TV」について。


私の購入したプロジェクター「PF50KS」はwifi接続できますが、
huluやAmazonプライムビデオを見るならこれ!

Fire TV
e0318091_20563135.jpg
(黒いものと白いものを一緒に写す難しさを実感する一枚 / 苦笑)

「Fire TV」には4K・HDR対応のものと、もっとコンパクトな
スティック型のものがあります。

私的には4KとかHDRみたいな高画質に拘りがなかったので、
スティック型のもので十分だったのですが、スティック型は
プロジェクターのHDMI端子に挿すとそのままそこから本体が
後ろに突き出る形になります。

私はプロジェクターで天井に映像を映したいので、プロジェクターを
かなり大きく傾けて使います。
その時後ろから「Fire TV」が突き出ていると机に「Fire TV」が
ぶつかって傾きに制限が…というわけで、本体からHDMIケーブルが
伸びている4K・HDR対応タイプにしました。



        *  *  *



「Fire TV」はHDMI端子で情報を送りますが、給電用にもう1本
別のUSBケーブルをつなぐ必要があります。

そのため、付属の充電ケーブルとそのケーブルをコンセントに
つなぐアダプターが付いています。
でも、コンセントではなくプロジェクターのUSB端子につないでも
給電でき、その方が配線がスッキリするのでそちらを採用。

付属ケーブルは長くてなんだか不恰好なので、家にあった
ワイヤレスイヤホン用の充電ケーブルを代用しました。

e0318091_20564146.jpg


つないだ姿はこちら。
e0318091_20565020.jpg
今度はやや短すぎ?
使用には全く問題ありませんが、なんか気になる…




無印良品のポータブルアロマディフューザー用充電ケーブルが
長さ的にちょうど良かったのでそちらにしました。

e0318091_12164007.jpg



さて、これで無事にプロジェクターでのhulu、Amazonプライム
ビデオの視聴ができるように!

「Fire TV」は付属の音声認識リモコンが素晴らしい!

作品を検索したい時には、リモコンにマイクボタンを押しながら
しゃべるだけ。かなりしっかり認識してくれます。
この音声検索では、作品名だけでなく、俳優名、監督名、果ては
キーワード検索までお手の物◎

例えば「自転車」とつぶやくと、自転車を題材にしたアニメや
映画、ドキュメンタリーなどが表示されます。
私はよくドキュメンタリーを見るのですが、映画やTV番組と
違ってタイトルをはっきり覚えていないことが多いので、この
キーワード検索は本当に助かります。

リモコンの反応スピードも速く、何かボタンを押すと、
受信側の本体からかすかに、カチ、という音がするのが
分かり易くていいです◎



ほとんど不満はない「Fire TV」ですが、一つだけ。
Amazonプライム会員は、特典としてプライムビデオの中に
無料で見られるものがたくさんありますが、全て無料という
わけではありません。
パソコンで視聴している時は、無料か有料かが表示されて
いるのに、この「Fire TV」で視聴すると表示がない…
無料か有料かが分かりにくい…

これはぜひ改善してほしいです。


次回はプロジェクター用に購入した、機能最小限コンパクトな
DVD/ブルーレイ再生機について。

長く引っ張ってますが、次回もよろしくどうぞ◎


おしまい。






よろしければポチッとお願いします
        ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]

# by leica1114 | 2018-08-28 12:20 | 家電 | Comments(0)
2018年 08月 23日

プロジェクター紹介②~三脚編~

前回に引き続きプロジェクターについて書きます。
今回は同時に購入した周辺機器について。

ミニ三脚、Manfrotto社の「PIXI EVO」です。
e0318091_20550629.jpg
Manfrotto社のPIXIシリーズには、脚を伸ばせるタイプと
伸ばせないタイプがあります。
私が購入したのは伸ばせるタイプの「EVO」。

EVOは伸ばせる分、ちょっとサイズが大きめになりますが、
私は持ち運びをする予定がないので問題なし。
大きめ、と言っても、プロジェクターと並べるとこんな感じ。
e0318091_20552607.jpg
ボール雲台で頭が丸いので、なんだか四足歩行のロボットっぽい。

Manfrotto社はイタリアの会社なので、全体的にオシャレな
雰囲気が漂ってます(笑)
デジカメ用に買うならブラックだけど、今回はプロジェクター用なので
ホワイトをチョイス。でもブラックもかっこいいんですよね~!

雲台には「DESIGNED IN ITALY」の刻印が。
e0318091_20551601.jpg
マットな質感ですべすべしているので、意味もなく触って
いたくなっちゃう(私だけ?)!



それではいよいよプロジェクターとドッキング!
e0318091_20553521.jpg
EVOは脚の開脚角度を、55°と80°の二段階選べます。
上の写真では、55°にして脚を伸ばしていない状態。


脚の伸ばしは5段階選べますが、下の写真ではMAXまで
脚を伸ばした状態です(開脚は55°のまま)。
e0318091_20554837.jpg
開脚角度55°だと、脚最短→最長にした時の高さの違いは
約3.5cmほど


お次は、脚を一番縮めて開脚角度を80°にした状態。
e0318091_20555955.jpg
この開脚角度のまま脚をMAXまで伸ばすと、2cm弱ほど
高くなります。



あくまでミニ三脚なので、大型の三脚に比べると自由度は
低くなりますが、私の用途だとこれで十分。
というのも、私が三脚を買った理由はズバリ!

天井に映した映像を寝ながら見たいから!

というか、プロジェクターが欲しかった理由がそもそもそれ(笑)!

なので、プロジェクターと三脚は絶対にセットでなくては
いけませんでした(笑)

EVOのおかげでそれが叶い、最近は夜ベッドに入る時間が
以前より早まったくらい。
今まではパソコンやiPadで寝る直前まで映画等を観ていたので、
ベッドに入るのがすごく遅くなっていました。
でもプロジェクターが来てからは、お風呂上りにまずはに映した
映画を観ながら髪を乾かしたり基礎化粧品を付けたり。
寝る準備ができたら三脚の角度を変えて、天井へ映した映画を
観ながら就寝◎

ウトウトし始めたらすぐに電源を落とせるのもLEDタイプの
プロジェクターのいいところです。
水銀ランプタイプはランプを冷やすためにしばらくファンが
回り続けるのでこうはいかない。


次回は、この三脚とプロジェクターでのお楽しみをさらに
パワーアップさせてくれる強い助っ人「Fire TV」とコンパクトな
DVD/ブルーレイ再生機を紹介します。

もうしばらくお付き合いください◎


おしまい



よろしければポチッとお願いします
        ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]

# by leica1114 | 2018-08-23 12:36 | 家電 | Comments(0)
2018年 08月 22日

プロジェクター紹介①~本体編~

数年前から「プロジェクター欲しいなぁ」となんとな~く
思い続けながら、機種選びで迷い決められずに挫折…を
繰り返していた私。

そんな私がとうとう…!


購入したのはLG社の「PF50KS」
e0318091_20541856.jpg

今年の6月頃に発売されたばかりの新商品です。

発売されたばかりの家電って、そうとう話題になった
物でない限り、レビューが少なくて実際の使い心地が
分からないのが欠点。

この機種もそうで、ネット検索してもあんまりヒット
しないので、購入をそれなりにためらいました。

Amazonには同じLG社の別の機種がいくつか出ていて、
けっこうたくさんのレビューが。
そしてなかなか良い評判。

当初、その別の機種のどれかにしようかな~と思ったりも
しましたが、明るさ(ルーメン数)に不安があったり、
単純にデザインが好きでなかったり。

そこでまたまた迷っていたところ、父から「買ってあげる」
という鶴の一声が(笑)!

やったー!では心置きなく…
あまりレビューないけど気になってたPF50KSをポチ!


因みに迷った機種は、「PH30JG」と「PH550G
   
   PH30JG → デザインはスッキリしていて好みだったけど
          明るさ250lmが少し心配… 
   PH550G → 明るさは550lmでいいんだけど、デザインが…

今回ポチったPE50KSは、明るさ600lmで一応フルHD。
そして何よりシンプルなデザインが好みでした◎

でもデザインの好みは人それぞれなので、PH550G
デザインがOKであれば、PH550Gが一番コスパいいと
思います。
スペックはもちろんPF50KSが上ですが、このスペックの
違いでお値段約半分(Amazon比)はすごい!

私も父が買ってくれると言ってくれなかったら、値段差に
引っかかってなかなかポチれなかった気が(笑)




…と購入までのことはこの辺にして、せっかくなので
ここからはマイプロジェクターを少しご紹介。

まずは大きさ。
e0318091_20544446.jpg
(本体上部の赤文字「CAUTION」はシールなので剥がせます。
 でも赤い文字が差し色になってる感じで好きなのでそのまま)

私のiPhone6 Plusと比べるとこんな感じ。
プロジェクターとしてはけっこう小型だと思います。

職場で使っている水銀ランプタイプのプロジェクターと
重ねてみました。
e0318091_22034801.jpg
この写真だと分かりにくいですが、厚みもかなり違って
半分…はおおげさかな、6割くらいです。

職場のプロジェクターは1500lmなので、600lmである
私のプロジェクターと比べると明るさは2倍以上。

でも実際に同じ映像を並べて映すと…
e0318091_22114047.jpg
左が1500lm(水銀ランプの職場プロジェクター)
右が600lm(LEDのマイプロジェクター)

倍以上ルーメン数が違うとは思えない写り◎

LEDのプロジェクターは、かつて「暗い!」というのが
定説だったけど、最近のものはかなり頑張ってると思います。



そしてなにより、LEDタイプは水銀タイプにないメリットが。

  ①省電力
  ②ランプの寿命がメチャ長!
  ③排熱の少なさと駆動時の音の小ささ
  ④立ち上がりの速さと終了時の簡単さ

①②はLEDなら納得。
③もLED故ですが、水銀ランプタイプを使ったことが
ある方ならその違いに驚くと思います。

PF50KSには両サイドに排熱用の穴が開いていますが、
エコモードにすると、穴なくてもいいのでは?ってくらい
熱も音も抑えられます。
e0318091_20543502.jpg

そしてそして、こちらはwifi接続もできちゃいます!
でも正直この機能は最近のプロジェクターならあまり
珍しくないもの。



数年前から長らく私の中でプロジェクターの第一候補だった
VIVITEK社のQUMIシリーズ

こちらももちろんwifi接続できるのですが、レビューを読むと、
設定がなにやらややこしいとか…
マニュアル通りにやってもうまくいかないというレビューも
けっこう目にするので、機械にすごく強いというわけでもない私には
ハードル高いかも…と思ったのが、QUMIシリーズを候補から外す
きっかけになりました。
(でもQUMIのコンパクトさは今でもスゴイと思う!)

PF50KSもうまくwifi接続できなかったらどうしよう…と
やや心配していたのですが、これがま~簡単!
あっけない程にあっさりつながり一安心でした◎
(スマホをwifi接続できる方なら誰でも問題なくできるレベル)


どうしてもwifi接続できなかった場合はLANポートが
あるので有線接続することもできますが、無線にこした
ことはないです(笑)
e0318091_20542600.jpg
PF50KSはバッテリー駆動もできるので、wifi接続して
youtubeを見たいなんて時は、PF50KS本体にケーブルを
全くつながず単独で見ることができます。

いやはやなんだか便利すぎて申し訳ないくらい(笑)


次回はこのプロジェクターを最大限に活用できるよう同時に
購入したいろいろなものを紹介したいと思います。

長くなったので、とりあえず今日はここまで◎



おしまい




よろしければポチッとお願いします
        ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ


にほんブログ村

[PR]

# by leica1114 | 2018-08-22 11:52 | 家電 | Comments(0)