otter tail

leica1114.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:買い物( 68 )


2015年 01月 14日

2015年版手帳

年末に滑り込みで手帳を注文しました。

滑り込みになったのには理由があって、ギリギリまで、毎年買って
いるMoleskine(モレスキン)にするかどうか迷っていたからです。
以前に書いたことがありますが、Moleskineは紙質にバラツキが
あり、私の愛用している万年筆では、時に「にじみ・裏写り」がひどく
とても使えないことが△

去年は初めて紙質の悪い、いわゆる外れロットに当たってしまい、
結局2回買い直すハメに…でも最終的には最後に買った3冊目まで
全て外れロット(涙)
そんなことがあったため、2015年は違うメーカーにしようかなぁと
悩んでたのです。

でも散々悩んだ末、やっぱりMoleskine…!
外れロットじゃありませんように…!と祈りながらポチ。
届いたものをドキドキしながら開封→愛用のMontblanc146で
試し書き…


やったー!にじまない◎裏写りもしない◎


今年は見事あたりロットを引き当てることができました◎
e0318091_20413641.jpg

1年間ヨロシクね◎
e0318091_20414820.jpg


今日はこのMlelskineのために、月間カレンダーを作りました。
Moleskineは月間カレンダーが、私の好きじゃないバーチカルタイプ△
                    ↓
e0318091_2042554.jpg


…なので、毎年こちらのブロックタイプの月間カレンダーを
Moleskineに挟んで使っています。
e0318091_20423185.jpg


フリーダイアリーなので、日付は自分で入れます。
e0318091_20424480.jpg


使っているのは色気のない事務用スタンプ(笑)
e0318091_2043394.jpg
シンプルだけど、真面目なフォントがお気に入りです◎
年に1回、このフリーカレンダーを埋めるためだけに活躍。
年1回しか使わないので、今日も使い終わったら収納の奥の
方へお片付け。毎年こんな風に取り出しにくい場所に片づけるので
年に1回使う時には取り出すのに苦労します(笑)

また1年後に使う時までサヨウナラ(笑)




    <オマケ>

Moleskineのしおり紐は分厚くてしっかりしたものですが、
切りっぱなしなので、そのまま使うとだんだんほつれてきます。
だから毎年、キレイに切り揃えて先っぽに木工用ボンドをチョイチョイ。
こうするとほつれず1年間気持ちよく使えます。
e0318091_20433577.jpg


左:去年の外れロット(ボンド無し)、右:今年のあたりロット(ボンド付き)
e0318091_20435021.jpg
このボンド付けが地味に好きなkeiなのでした(笑)




おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2015-01-14 21:21 | 買い物 | Comments(0)
2014年 10月 23日

自分プレゼント

本日またひとつ、歳をとってしまいました(笑)

嘆いていても仕方ないので、楽しいことを考えることに。
楽しいこと…そう、それは誕生日プレゼント◎
人からいただくプレゼントももちろん嬉しいのですが、
大人になって楽しさがわかったものが自分で自分に
買うプレゼント!

今年は何にしようかな~と考えた結果、今のところ
第一候補に挙がっているのが…


      「織り機」


少し前から、ちょっと気になる…少し欲しいかも…という
気持ちが、かなり気になる!かなり欲しいかも!という
気持ちに変化◎
なんだかんだでいろいろ悩みながらも、機種選びまで
済ませてしまってます(笑)

選んだのはコチラ
        ↓
「アシュフォード社製 テーブルルーム8シャフト」
e0318091_20204971.jpg
(画像をお借りしてます)

卓上機として、かなり複雑な柄が織れるのがこの
アシュフォード社の織り機です。
シャフトは「綜絖(そうこう)」というもので、これがたくさん
あればあるほど複雑な柄が織れます。
8シャフトは数としてすごく多い方ではないのですが、
これくらいあればかなりの柄が織れるので、初心者的には
ちょうど良さそうです。(16シャフトまであり)
場合によっては4シャフトでも十分かな、という気もしますが、
ここはちょっぴり贅沢して8シャフトにしようと思っています。

とは言え、織りに関しては完全に初心者。いや初心者以前の
状態なので、買うとしてももう少し織りについて調べてから
買うつもりです。

思えば私の唯一の「織り体験」は小学生の時。
誕生日だったかクリスマスだったかの時に、両親から
子供用のプラスチック製の織り機を贈られて夢中に
なりました◎
その時の織り機は「平織り専用」のものでしたが、
大人になった今、どうせ織るならやっぱりいろいろな
柄が織りたい!特に大好きなヘリンボーン柄は絶対◎
そこで、アシュフォード社のものを第一候補にして
みました。
本当は「高機」と呼ばれる足踏みペダルの付いた
据え置きタイプの大型織り機が欲しいところですが、
さすがにお値段が…どこまでハマるか分からない
ものに数十万円は出せないわ…ということで、まずは
卓上機で楽しんでみたいと思います。

…なんて書いていたら、いますぐにも欲しくなって
きちゃいました(笑)



おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-10-23 20:49 | 買い物 | Comments(2)
2014年 08月 29日

大人買い

Amazonほどではないのですが、ちょっくちょく利用する
通販サイトに、YahooのやっているLOHACO(ロハコ)が
あります。

品揃えはまだまだAmazonに遠く及ばないのですが、
SALE品やアウトレット品にビックリな激安商品が並ぶ
ことがあるので、定期的にチェックしてしまいます(笑)


今回は、その中からこちらの商品を大人買い◎
             ↓
e0318091_13121423.jpg
ネスカフェの「ふわラテ」シリーズのセット。

6種類入りのセットで、合計58本。
1セット¥462です。うわぁ、安いー◎


ふわラテ、ふわラテハーフ&ハーフ、ふわラテまったり深い味、
ふわラテミルクティー、ふわラテ宇治抹茶、ふわラテミルクココア。
e0318091_1312563.jpg
最近ビックリするくらい涼しくなってきたので、温かいドリンクが
恋しくなってきました。
こうゆうものを常備しておくと、職場でちょっと一息つきたい時や
小腹が空いたときなんかにサッと作ってすぐに飲めるので便利
なのです。もちろんおうちでも◎

4セットはさすがに多かったかなぁなんて感じていますが、
職場で人にあげたりすればいいかな。





LOHACO(ロハコ)では、よく無料サンプルも配布していて、
何かを注文した時に一緒に送ってもらうことができます。
今回、未発売の発泡酒がサンプル配布されていたので、
同梱してもらいました。

とってもカワイイ麻の巾着袋にin◎
e0318091_13122968.jpg
こうゆうのテンション上がります◎

中には缶入りの新商品が。
e0318091_13123722.jpg
缶の表面がサラサラとした触り心地で気持ちいい!
完全に女性向け?という感じでした。


一緒に入っていたリーフレットによると、来月の24日から
LOHACOにて先行発売開始らしいので、店頭に並ぶのは
もうちょっと後になるのでしょうか。
e0318091_13124597.jpg
柑橘系の風味のする発泡酒だそうです。

アルコール業界って次から次へと新商品が出て、購買者としては
楽しいですが、開発する方たちは大変だろうなぁ、と苦労をお察し
いたします…。





おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-08-29 13:43 | 買い物 | Comments(0)
2014年 08月 05日

simplehuman

週末に届いたもの◎

e0318091_1213726.jpg



海外旅行慣れしている人のトランクのごとく、これでもかと
シールがペタペタ(笑)
e0318091_12211890.jpg




中身は…



ジャジャン!
e0318091_12133590.jpg
ダストボックスです!


今まで使っていたIKEAのフタ付きダストボックスも悪くはなかった
のですが、使っているうちに不満点がちょこちょこと…

主な不満点は…
その①、口が大きすぎて市の指定ゴミ袋がキレイに嵌らない。
その②、手でフタを開けるタイプなので、フタがだんだん汚れてくる。
その③、フタのヒンジ部分に隙間があり密閉できない。

特にイヤだったのがその②で、例えばお肉の入っていたスチロール
トレイなんかを水洗いして捨てる時、トレイを洗って濡れた手でフタを
開けるとフタが濡れますよね。それをいちいちふき取る甲斐性が
あればいいのかもしれませんが、私にはなく…
さらに生ごみを捨てる時も、少しの生ごみなら我が家はそのまま
ダストボックスへ捨ててしまいます。なので、生ごみの水分が手に
付き、それがフタへ…なんて感じでやはりフタが…△
それなりの量ならビニール袋に入れて口を結んで捨てますが、
少量でいちいちそれをするのはなんだかエコじゃないし、なにより
メンドクサイ!
結局のところ、私の面倒くさがりのせいなのですが、そんなこんなで
少しずつ汚れてきたフタに触ることに抵抗があって、できれば触らずに
開けたいし、できることならそもそも汚れないようにしたい、という
ことで足踏みタイプへの交換を考えていました。


そこでこの半年、自分の条件に合う足踏みタイプを探して
たどり着いたのがsimplehumanでした。

探すにあたり、私の条件は6つ。

  ①軽い力で開くこと
  ②閉まる時に静かに閉まること
  ③市指定ゴミ袋の特大サイズが入ること
  ④密閉できること
  ⑤ゴミ袋が外から見えないこと
  ⑥それなりのデザインであること

今回買ったダストボックスは、この6つの条件をほぼ
クリアしています。

まず①と②はsimplehumanが自社製品の売りにしている
だけあって軽くクリア◎
さらに⑥も、人によって好みはあると思いますが私はこの
デザインとっても好きなのでクリア◎
e0318091_1214175.jpg



シルバーとホワイトですごく迷いましたが、我が家の暗い
キッチンに置くなら明るいホワイトの方がいいでしょう、という
ことでホワイトをチョイスしました。

ホワイトは琺瑯のような質感でとってもカワイイです◎
e0318091_12141545.jpg




パカっと開けると中はこんな感じ。
ゴミ袋をセットするインナーボックスがあります。
e0318091_12142977.jpg
実を言うと、このインナーボックスが今回ちょっと曲者でした。

上に、6つの条件を「ほぼ」クリアした、と書きましたが、
「完璧に」クリアできなかった理由がこのインナーボックス
だったのです(涙)。

上手く説明できないのですが…我が家のゴミ袋は市指定の
特大ゴミ袋で、ゴミを入れた後持ちやすいようにスーパーの
レジ袋のように持ち手が付いています。
この持ち手のせいで、インナーボックスにゴミ袋を入れて
上部を折り返した時に折り返した部分が分厚くなって上手く
ダストボックスにインナーボックスを戻せなくなってしまうのです△

そこで、ダイソーに売っている45Lのビニール袋をセットする
ことにし、収集日にはその袋を指定ゴミ袋にいれることにしました。


ということで、6つの条件のうち「③市指定ゴミ袋の特大サイズが入ること」が
クリアできませんでした。でも他は見事にクリア!
総合的にみるととても満足しています◎


フタは開いたままになるように手動でロックさせることもできます。e0318091_12144429.jpg
さらに、インナーボックスは全て引き出す必要がないよう、
15cmくらい引き出した所で固定させることもできるように
なっていて、なかなか小技の効いた作り◎

個人的には、「simplehuman」のロゴがプリントではなく
刻印で入っている点にテンションアップ◎
e0318091_12145698.jpg
黒いプラスチック部分が艶消し加工されていることもグー◎

正直、たかがゴミ箱に1万円以上ってどうなの…と思っていましたが、
お値段なりの働きはしてくれそうな予感がするので、いい買い物
したということにしておきたいと思います(笑)




おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-08-05 13:50 | 買い物 | Comments(4)
2014年 07月 03日

チーズ

今週、一人でコストコへ行ってきました。
「一人コストコ」はちょっと寂しいですが、見たい商品を
好きなだけ見られるし、買うかどうかも好きなだけ悩める
ので気楽でいいところも。
とは言っても、今回は買い物少な目。目的のチーズを
カゴに入れたら、あとは店内をぶらぶら◎

帰宅後、買ってきたチーズを食べたらすごく美味しかった
ので、今日はそれご紹介させてください◎


まず、買ったチーズは2種類。
大好きなkiriのクリームチーズと、アメリカ版「裂ける
チーズ」にあたるストリングチーズです。
e0318091_12312832.jpg



kiriはリピ買いですが、スーパーで買うのに比べると
コストコは断然お得!
e0318091_12314378.jpg
24個入りで¥588です!
スーパーで買うと、6個入りで¥300くらいしますよね。
たまに増量パックになって8個入りになっていたりすることも
ありますが、それでも24個入り¥588には全然かないません!

私はこの24個パックを毎回3箱買っています(笑)
おやつ代わりにパクっといったりサラダに混ぜたり。
いつもお世話になってるkiriです◎


でも今日紹介したいのはkiriではなく、初めて買った
ストリングチーズ」の方。
私、昔から雪印の「さけるチーズ」が大好きなんです。
本当は毎日食べてもいいくらいですが、ちょっとお高い
ところが玉にキズ△
2本入りで安くなっていても¥170くらいでは、気軽に
毎日…というわけにはいきません。
そんな時に知ったのがコストコで売らているこちらの
「ストリングチーズ」。
e0318091_12315163.jpg
アメリカンなイラストですねー(笑)


パッケージを開けるとどっさり48本のチーズが!
e0318091_123218.jpg



1本の長さは11cmくらい。
e0318091_12321264.jpg



ドキドキしながら「初裂き」に挑戦(笑)
e0318091_12321959.jpg
おぉー。裂ける裂ける(笑)

雪印製に比べると柔らかめで裂け具合も少ーし違いますが、
ちゃんと裂けます◎
そして肝心のお味がビックリ!とっても美味しーい◎
雪印製とは全く違う味です。うまく表現できないのですが、
モッツァレラチーズがさけるチーズになったような感じ。
かなり淡泊な味なのに、それでいてとってもミルキー!

ネット上での評判を読むと、賛否両論なようですが、
私はとっても美味しく感じました。kiri同様リピ決定です◎
ただ、雪印製のさけるチーズと同じ味を期待すると確実に
裏切られると思うので、そこだけはご注意を。
もしお口に合わないと、48本の処理にはそうとう手こずると
思うので(笑)

今回は48本入りで¥1738でした。
¥1000前後で売られていることもあるらしいので、それに
比べると高かったですが、それでも雪印製に比べると
激安ですね◎




おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-07-03 13:13 | 買い物 | Comments(2)
2014年 06月 27日

あれれ?

最近、iPhoneの液晶保護シートにキズが多くなってきたなーと
感じていたので、新しい保護シートを購入し、いざ、交換!と
臨んだのですが、そこであれれ?なことが。


まず購入した保護シートは、私が最も信頼している
パワーサポート製のもの◎
e0318091_13395937.jpg
iPadもiPod touchもずーっとパワサポの保護シートを
愛用しています。

iPhoneも以前はずっとパワサポ製だったのですが、
ここ最近はiPhoneケースに付属している保護シートを
使っていました。
当初は、付属のオマケなんてすぐダメになっちゃうから
そうなったらパワサポのを買おうと思っていたのですが、
意外に長持ちしてくれたオマケシート(笑)

今使っているカバーは2代目カバーで、1代目と2代目は
同じカバーを購入しました。だからオマケのシートも2代目。
1代目に比べると2代目はちょっと短命だったような…なんて
思いながら、さっそく2代目シートを液晶画面から剥がしたら…


ここが「あれれ?」ポイントです(笑)




あれ??剥がしたシートの下にもう1枚シートが??
e0318091_1340937.jpg
何が何やらわからずしばし動きが止まってしまうkei(笑)

よくわからないのですが、上に書いた通りです。
剥がしたシートの下にもう1枚シートがあったのです。



しばらくして頭を整理した結果、考えられる可能性は2つ。

①製造中の手違いで、シートが2枚重なっていた。
②今回剥がしたシートは、商品の保護シートを保護する
 ために貼られていたもの。使用時には、保護シートの
 保護シート(ややこしい!)を剥がして使う。

ほぼ間違いなく②なのだと思うのですが、ここでちょっと
気になるのは、1代目のオマケシートのこと。
上に書きましたが、私は同じiPhoneカバーを買い直して
使っているので、オマケシートを使うのも2回目。
最初のオマケシートの時にも「保護シートの保護シート」って
貼られていたっけ??

わりとそうゆうことはしっかり覚えている方なのですが…


まぁ、液晶画面はキレイになっているのでいいかな。





おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-06-27 14:34 | 買い物 | Comments(0)
2014年 06月 24日

サラダスピナー

なくっちゃ始まんない!というほどではないけど、あったら
便利だろうなーと思うものって誰でもあると思いますが、
私にとってのそんなものの筆頭が「サラダスピナー」でした。

そこで先月、とうとう意を決して買おう!と決意。
最初はIKEAで売ってる¥300くらいのでいいや~と
思っていたのに、調べ始めたら止まらなくなり、多少高く
ても長く使えそうなもの、使っていて楽しいものにしよう、
ということに。

最終的にOXO(オクソ)の「クリアサラダスピナー(大)」に
決めました◎
e0318091_1231233.jpg



一般的なサラダスピナーは、フタに付いているハンドルを
グルグル回して内部のカゴを回転させるタイプが多いの
ですが、OXOはフタに付いているノブを押してカゴを回転
させます。
e0318091_12313685.jpg
ハンドルタイプだと、片手で本体を押さえ、片手でハンドルを回す、
というように両手が必要なのに対して、OXOは片手でノブを
押すだけなのでとっても簡単◎

ただ、この仕組みのせいでデメリットも…
私はそのデメリットを承知の上で買ったので、全く不満はない
のですが、そうでない方にとっては不満が残る可能性があるので
購入する場合は注意が必要かもしれません。

具体的なデメリットは、ずばり「回転速度不足」です。

回転速度はサラダスピナーにおいて一番キモになる部分なので、
そこが不足してたらお話しにならないんじゃ…と思われそうですが、
ちょっと待ってください(焦)!
あくまでも「ハンドルタイプに比べると」です。

ハンドルタイプは、回す人の頑張りでかなりの高速回転を実現。
でもOXOは、ノブを押すことで内部のバネを伸び縮みさせて
回転を生み出しているので、バネの弾性以上の回転速度には
なりません。
なので、ハンドルタイプ経験者がOXOを使うと回転速度に
不満が残るみたいです。

ネット上のレビューをいろいろ読むと、評価を低めに出している
人のほとんどがハンドルタイプ経験者のように思います。
それに対して評価高めの人には2パターンいて、ひとつは
ハンドルタイプ未経験者。もうひとつは経験者なんだけど、
OXOの特性をわかった上でデザインに惹かれて購入した人。


私はサラダスピナー自体初めての購入なので、ハンドルタイプと
正確な比較はできませんが、OXOのデザインがとっても好きなので、
もし壊れたらやっぱりOXOを買い直すと思います。


OXOは中のカゴ部分もしっかりしてるし、水を受けるクリアな
容器も美しくって使っているときも洗っているときもワクワクして
とっても楽しいです。

どんなものでも使っていて楽しいことは重要ですよね◎
e0318091_12314867.jpg


OXOのクリアサラダスピナーには大小2つのサイズがあります。
私が購入したのは「大」。カタログによると、直径が27cm。高さは
15.5cmだそうです。
e0318091_12321035.jpg
けっこう大きいので、「小」にしようかな、と少し迷いましたが、
ただ今絶賛ダイエット中なため、サラダは欠かせない毎日。
思い切って「大」にしてみました。

結果的に「大」にして正解。
たっぷり水切りして、サラダスピナーごと冷蔵庫の野菜室へ。
2日くらいかけてちょうど食べ切れるので重宝しています。

フタから出っ張っているノブは、下げた状態でホールドできるので、
冷蔵庫の中で無駄なスペースを作ることもありません。
e0318091_12315878.jpg
先月購入して以来、ほぼ毎日使っているので、キッチン用品に
ありがちな「だんだん使わなくなってお蔵入り」というパターンには
ならずに済みそうです(笑)

かなり頑丈なので、そうそう壊れることはなさそうですが、耐久性は
これから使いながら確かめていきたいと思います。



おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-06-24 13:40 | 買い物 | Comments(0)
2014年 05月 28日

ウェーブドリッパー

どのタイプを購入しようか散々悩んだコーヒードリッパーですが、
ようやく決めることができ、購入にいたりました◎


買ったのは一番気になっていたkalitaの「ウェーブドリッパー」。
e0318091_1324069.jpg
1つ穴の「ハリオV60」と最後まで迷いましたが、せっかくなら
人があまり使っていないタイプを…と冒険することにしました。


「ウェーブ」の名前はこの独特なフィルターから。
e0318091_1324953.jpg



箱を開けるとこんな感じでフィルターがぎっしり詰まって
います。カワイイ◎
e0318091_1325799.jpg



ビニールを開けると…カワイイ◎ ←しつこい(笑)
e0318091_133468.jpg



ドリッパーにセットしてみました。
e0318091_1332111.jpg
今回買ったドリッパーは1~2人用のもの。
最初に箱から出したときには、思っていた以上の小ささに
ちょっとビックリしてしまったくらいです。

本体のガラス部分と、ドーナッツ型のプラスティック部分とは
外すことができますが、外すとコップ型のガラス部分は子供の
おままごとで使いそうな小ささです(笑)

「ウェーブドリッパー」には3~4人用もあって、フィルターは
それぞれ専用のサイズのものを使います。
どちらのサイズにも茶色い無漂白タイプと白い漂白タイプが
あり、茶色い無漂白フィルターだとコーヒーに少し紙の匂いが
移ってしまうのだとか。こだわる方はどのドリッパーを使う場合
でも漂白タイプを選ぶそうですが、私はそこまでこだわらないので、
見た目が素朴でカワイイ無漂白タイプを購入しました。


カップケーキの型みたいなフィルターが本当に個性的です◎
一般的なフィルターに比べるとちょっと薄いかな。
e0318091_1335045.jpg
肝心の「味」ですが、これが嬉しいことにとってもとっても…

美味しいのです◎



「ウェーブドリッパー」の売りの一つとして、味ムラが少なく
毎回同じように淹れられる、というのがあるのですが、
本当にその通りだなぁとコーヒー通でない私でも感じられ
ます◎

買って良かったです◎



「ウェーブドリッパー」にはオール金属製のものもあって、
そちらは割れる心配もないしとても軽く出来ています。
最初、そちらを買うつもりだったのですが、直前になって
悩んだ末、ガラス製のものをポチ。
お客さんが来た時用に大きいサイズも欲しくなっているので、
そっちを金属製にしちゃおうかなーなんて考えています。


でも普段は1人分しか淹れないので、もちろん今回の
もので十分。



私はブラックで飲めないので、ミルクとお砂糖たっぷりの
カフェオレにして飲みます。
マグだとコーヒーの量が分かりづらくてたくさん抽出、結果的に
苦いカフェオレになってしまうことがあるので、いつもはガラス製の
アイノアールトのハイボールに直接抽出しています。
e0318091_1335841.jpg
アイノアールトは耐熱ガラスではなかったと思うので、割れたら
自己責任ですが、抽出時はお湯を90℃まで冷ましてしるし、
抽出は少しずつ行うので大丈夫でしょう。多分(笑)


今の所不満のないウェーブドリッパーですが、フィルターを
近所ではなかなか買えないことと、フィルターの単価が少し
高いこととがネックになって人にちょっと勧めづらいかも△
私はAmazonで購入してしまうし、コーヒーは1日1杯飲むだけ
なので、そんなにデメリットを感じませんが、コーヒー好きで
フィルターの消費量の多い方は、フィルターを近所で買えないって
大きなデメリットかもしれませんね。



おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-05-28 14:13 | 買い物 | Comments(0)
2014年 05月 22日

地味な買い物

Amazonにてアイロン台を購入しました。

ここ数年、IKEAで買った脚付きのアイロン台を使って
いましたが、どうにも使い心地が良くなく、昔ながらの
平台タイプのものを選ぶことに。
e0318091_19533897.jpg
一昨日届いてさっそく使ってみました。

感想は、「使いやすーい!」(笑)


形はこれ以上ないくらいシンプルですが、長く使われて
いるものには理由がありますね。
今後、脚付きのアイロン台はほぼ出番がなくなりそうです。

まぁ、IKEAでかなり安く売られていたものなので、お値段なりの
使い心地だったというのが正しい評価でしょうか。
それなりのお値段がする脚付きアイロン台だったなら、評価も
また違うものになっていたのかもしれません。

今日は嬉しくなっていろいろなものにアイロンをかけて
しまいました(笑)

そうそう、「昔ながらの」と書きましたが、今回一つだけ冒険した
ところがあります。それはアイロン台表面の素材です。

コチラに書いてある通り、表面にアルミコーティングが。
   ↓
e0318091_19534667.jpg
綿布にアルミコーティングされていて、見た目はマットな銀色です。

最初は商品説明がよく分からなくて、アルミ…?ということは
硬いの?なんて購入をためらってしまいました。
実際はもちろん柔らかいですし、本当に昔ながらのアイロン台。
適度なクッション性もあって、なんとなく懐かしい◎という感じです。

IKEAの脚付きアイロン台のマイナス点は、まずこのクッション性が
ほとんどなかったこと△
表面を触ると表面に張った布越しに下の骨組みがゴツゴツと感じ
られて、最初のアイロン掛けから「失敗した…?」という気分に
させられました。

ついでに言うと、そんな簡素な作りのせいで通気性抜群。
おかげで、アイロンの熱が台の下からどんどん逃げていき、
アイロンを最高温度にしてもアイロンの掛かりがいまひとつ。
例えばハンカチにアイロンを掛けても、せっかくの熱がハンカチを
素通りしてアイロン台の下から逃げていく感じでした。

最高温度でアイロン掛けした直後に台の上でハンカチに
触ってもあんまり熱くないんです△
アイロンが古くてちゃんと熱くなっていない可能性を疑った
くらいです。

ところが今回、平台タイプのアイロン台でハンカチにアイロンを
かけてみたら、熱すぎて直後には触れないくらいでした。
あまりの違いにビックリしながらも、そうそうこの熱さだよー!と
何度も触っては「熱っ、熱いー!」と喜んでしまったkeiです(笑)


昔使っていた実家の平台タイプより熱いような気もするので、
その辺が「アルミコーティング」の力なのかもしれません。


嗜好品ではない地味な買い物でしたが、とてもいい買い物が
できました◎




おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-05-22 20:40 | 買い物 | Comments(5)
2014年 04月 23日

カンケンバッグ

去年の暮れから数か月にわたり、ず~っと購入を
迷っていたフェールラーベンのカンケンバッグを
とうとう買いました。


迷っていたのは「買うか買わないか」ではなく、
「何色を買うか」ということでしたが、けっきょく
選んだのは(私的)基本色のブルー系。
e0318091_13275685.jpg
ロイヤルブルーを選んでみました。

カンケンには、ブルー系の色が数色あります。
私が知っているだけでも、ブルー、アイスブルー、
ネイビー、アンクルブルー、そしてロイヤルブルー
です。
いつもならネイビーやアンクルブルーあたりの濃い目の
ブルーを選んでしまいがちなkeiですが、今回は少し
薄めのロイヤルブルーにしてみました。
一応これでも冒険したつもりだったりします(笑)

持ち手をまとめて留められるところが好き◎
e0318091_13285100.jpg
カンケンバッグは、基本リュックとして使うものですが、
私は持ち手を腕にかけて手持ちで使うつもりなので、
持ち手がそこそこ長めに作られていることも嬉しいです◎

でももちろん、いざとなったらリュック使いも。
肩掛けベルトは簡単に長さ調節ができる上に、使わない時に
一番短くしても、余った部分がブラ~ンとならないようボタンで
留められるところがまた便利◎

初めて使う日の前日は、荷物を詰めたバッグを持って部屋の
中をぐるぐる歩いてみたり、中身を確認してみたり…。
遠足前の子供のようにワクワクしてしまいました(笑)


そんなこんなですっかりファンになってしまったこちらのバッグ。
もう一色欲しいなーなんて気持ちもムクムク沸いてきて
おります。
今年の新色「サルビアグリーン」がやたらめったらカワイイ!
e0318091_13281341.jpg
(画像をお借りしています)

去年、グリーンの大き目本革トートバッグを買ってから、
グリーンはけっこうなんにでも合わせられる色なんだと
再発見。 以来、ひそかなグリーンブームが来ています。

トートバッグがあるからいいじゃない、という気もするの
ですが、本革なのでちょっと重いのが玉にキズ。
軽いカンケンのグリーンがあっても競合しないで使い
分けられるしいいかなとも思っています。


それにしても、考えてみたら本革以外のバッグを買うのは
10年ぶりくらいかも。
お弁当を入れるサブバッグなどは別ですが、メインバッグは
ここ10年ほどずーっと本革でした。でも、最近は本革バッグの
重さにちょっと疲れることがあって、布製のメインバッグを
探していました。カンケンはその布製メインバッグの第一号◎

第一号からいいお買い物ができてよかったよかった◎




よろしければポチッとお願いします
         ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by leica1114 | 2014-04-23 14:19 | 買い物 | Comments(2)