otter tail

leica1114.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:家電( 33 )


2013年 07月 02日

オール電化への道 vol.3(IH編)

オール電化の工事日が決まったことを昨日書きました。
そこで、今日はIHクッキングヒーターの機種選びについて
書きたいと思います。


こちらは愛読書のごとく読み込んだカタログたち(笑)
(同じものが2冊あったり…)
e0318091_17273359.jpg
我が家のオール電化が、とある勧誘から始まったことは以前
書きました。その一番最初の業者を仮にA社とします。



A社の見積もりに載っていたものがこちら。
            ↓
     「HITACHI G8シリーズ」
e0318091_17304289.jpg
3口中、1口がラジエントヒーター。

IH対応のお鍋やフライパンがまだあまり出回っていない上に、
お値段が高かった時代ならまだしも、今はよっぽどの理由が
ない限りラジエントヒーター付けるメリットってない気が…と思い、
これは真っ先に却下。

3口ともIHで改めて見積もりを…と思っていたところ、A社は
やたら見積もりがお高いことが判明し、A社自体を却下。



そこで、他の業者さんにも見積もりを出してもらうことに。

母が積極的に動いてくれて、最終的にはA社も含めて4~5社に
見積もりを出してもらいました。

見積もりの際、出した条件は3口IHであることだけ。
メーカーは特に指定しなかったので、いろいろなメーカーで
見積もりが出てきました。でも何故かHITACHI率高し。

どうしてだろう?と不思議に思っていたら、一番割引率がいい
んです、と言われました。へ~。

オールメタル対応にはこだわっていないことも伝えていたので、
HITACHI押しでくるところは、こちらの「G8Tシリーズ」がやたら
多かったです。
            ↓
e0318091_17305538.jpg

なもんで、特別な思い入れはなかったのですが、なんとなく
じゃぁHITACHIにしようかな、と思い始めていた頃、ネットで
見積もりをお願いしていたC社から見積もりが。
(B社がないのに意味はありません…)


わぁ!安い!

でもIHは三菱製?
どれどれ、カタログを確認してみましょう。

…あ、残念…

e0318091_17323380.jpg

IHの操作がタッチパネルじゃない…
タッチキーだ…。

せっかくIHにするなら、IHの天板は
フルフラットがいい!というのが正直
な気持ちでした。

タッチキーだとどうしてもパネルに
段差ができてしまいます。






ダイヤルで火力の微調整ができる
点はけっこうイイと思っただけに
残念でした。

ちなみに、ハーマンのビルトイン
ガスコンロはこれに似たダイヤルで
火力調整します。
どっちが先に採用したのかは知り
ませんが、デザインはハーマンの
方が好き!




というわけで、見積もりを他のメーカーで出し直して
もらうことにし、出てきたのがPanasonicでした。

e0318091_17342182.jpg



カタログで確認したところ、こちらは
見事にタッチパネル!

わぁい!やった◎

e0318091_17311847.jpg


しかも、ほかの業者はコンロ幅を60cmで
見積もってくるところがほとんどなのに対して、
C社は最初から75cmで見積もってきていて、
そのうえ安い!

三菱→パナ、とメーカーを変えても
代金は全く変わらなかったので、もう
これはパナで決定。

そして業者もC社で決定!



IHの型番は、左の写真に載っているものの
最新バージョン「KZ-TS75XS」に決定しま
した◎




この頃にはエコキュートの機種も決まっていたので、わくわく
どきどきしながらC社と契約書もかわしたのでした◎



ところが、契約書をかわしたその日、カタログを読み直していて
自分の見落としに気付いたのです!

見落としていたのはこちら。
       ↓
e0318091_17315281.jpg
パナソニックには魚焼きのグリルが2種類あったのです。
写真左がnewグリル。右は従来のグリル。



newグリルはカタログの前の方のページにこんな感じで大々的に
取り上げられていました。
e0318091_1732427.jpg
従来のような「網」がないので、使用後のお掃除がとっても楽!

上の写真では分からないのですが、グリルの庫内は出っ張りが
なく底部分はフルフラット◎
ヒーターがむき出しではないので、飛んだ油なんかをサッと拭き
とることができてネットのレビューでも好評でした。

私は、うちに付くIHにもこのグリルが付いているのだと思って
いたのですが、よく調べたらこれが違っていたので大慌て!


大急ぎで業者の担当者さんにお電話して、IHを変更できるか
どうか訊くハメになりました。
結果、変更できたので事なきを得ましたが、カタログをそうとう
読み込んでいるつもりだっただけに、自分の凡ミスに反省…

最終的にはこちらの機種になりました。
         ↓
     「KZ-T373S」
e0318091_17321655.jpg



それにしても、最近のグリルっていろいろなことが
できるみたいでビックリしてしまいます。

e0318091_1733191.jpg

グリルといえば「魚焼き」という古い
固定概念のあるkeiなので、鶏肉を
焼くことにすらちょっとビックリなのに、
タルトやクッキー、パンまで焼ける
なんて…!


グリルがあればオーブンはいらない
のでは?と言ってくる業者さんもいた
のですが、これを見ると成る程なぁ、
と納得してしまいます。



三菱もグリルにはかなり力を入れているようでした。
炊飯もできるってなんかスゴイですね(笑)
e0318091_173362.jpg



そうそう、今回決めたIHは、「タッチアクセス」なる機能も
付いています。
スマフォに入れたパナソニックのアプリでレシピを選択して
グリルの横にタッチ!→温度や時間を自動で設定して調理
してくれるそうです。わぁ。

但し、がっくりなことにiPhoneは未対応…△

対応機種はAndoroid OS2.3.3以上、FeliCaかNFCの
付いている機種のみ。
そろそろiPhoneにもNFCが付くかも、という噂があるので、
もし付いたらiOSにも対応してくれるのかな。

せっかく付いている機能が使えないのはなんだか悔しい
ですが、こればっかりは仕方ないですね…




ちなみに、C社の見積もりはA社の見積もりの半額強。
でも、エコキュートもIHクッキングヒーターもビルトインの
オーブンレンジも、全て最上位グレードのものになっています。
A社はそれに比べると、全て1~2ランク下位のグレードだった
にもかかわらず2倍のお値段。


見積もりをたくさん出してもらうことの大切さを実感しました◎


工事日は来週の月曜日です。
IH対応のお鍋やフライパンをどこのもので揃えるか、まだ決まって
いませんが、それを選ぶことも楽しい今日この頃なのでした◎







よろしければポチッとお願いします
         ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by leica1114 | 2013-07-02 20:36 | 家電 | Comments(2)
2013年 06月 16日

オール電化への道 vol.2

ただ今いろいろな所から見積もりを出してもらっている最中です。

我が家は、エコキュート、ビルトインIHクッキングヒーター、ビルトイン
オーブンレンジを付ける予定ですが、今のところの見積もりとしては
70万~90万という感じです。

ビルトインのIHとオーブンレンジは同メーカーにするので、それを
どこにしようかカタログとにらめっこ。
e0318091_2037579.jpg
HITACHIで見積もりを出してくるところが多いのですが、
聞いたところ、HITACHIが一番割引率がいいとか。

でも、TOSHIBAとPanasonicで出してきているところも1社ずつあり。


TOSHIBAは、IHパネル上の操作ボタンがタッチパネルじゃないのが
ちょっと残念な感じ…一方Panasonicには特に気になる所がないので、
HITACHIかPanaにすることになりそうです。
Panaだと、オーブンレンジはスチーム機能の付いたBistroを選ぶことが
できるので、なんとなくひかれるものが(笑)




e0318091_2037634.jpg


エコキュートはおそらくTOSHIBAになります。



迷っているのはタンク容量で、2~5人用の
370Lか、4~7人用の470Lか…



母と二人の時はもちろん370Lで十分なのですが、お正月などに
兄家族、弟家族が来ると足りなくなってしまう可能性が…?なんて
少し心配しているんです。


でも、容量が大きいとそれだけ電気をくうので、お正月の数日の
ためだけに470Lにするのもなぁ~っていう気持ちも。
一応お湯切れしたら30分~1時間でシャワー1回分の沸き増しが
できるみたいだし…

悩みどころです。








よろしければポチッとお願いします
         ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by leica1114 | 2013-06-16 21:26 | 家電 | Comments(4)
2013年 06月 10日

オール電化への道 vol.1

先週、エコキュートにしませんか、と設置業者の方から
いわゆる「勧誘」のお電話がありました。

その方のお話では、IHクッキングヒーターもタダで付けて
くれるということ。
ちょっと興味があったので、とりあえず見積もりを出してもらう
ことにし、本日業者の方がいらっしゃいました。



見積もり結果は総額で140万弱。

まず、エコキュートの本体代金やその他工事費、そして、
今使っているビルトインのガスオーブンレンジも電気の
ものに変えるのでその本体代金etc…
別にそれぞれの金額に変なものが上乗せされていたりは
しなかったので、母と「やっちゃう?」なんて話していたのですが、
さっきネットで他の業者さんのHPを見ていたら、もっと安いところが
たくさん!

今日の見積書と比較して、何が違うのか確認したところ、機器の
代金に大きな開きがあることが分かりました
今日の業者さんは機器代金が全て「定価」。

例えばエコキュート本体の代金ですが、見積書だと¥892500。
でもネットで調べると、同じ型番のものが30万弱。
すでにこれだけで60万もの差が…!

IHクッキングヒーターはタダで付けてくれるのでいいのですが、
タダにはならないオーブンレンジも見積書だと「定価」。
ネットだと半額以下です。


ここまで違うと、さすがに今日の業者さんに頼むにはちょっと…
母と、お互いネットでリサーチしてほかの業者さんからも見積もり
出してもらおうということになりました。



それにしても、IHってすっきりしていて気持ちいいですね◎
業者さんが置いて行ったカタログを眺めてはウットリしています(笑)

IHが出始めた頃はけっこう懐疑的だったkeiも、その後いろいろな
ところでIHを実際に使ってみて、最近ではその良さを認めています。
ただ、やっぱり料理の「美味しさ」という点では「火」というものには
適いません。なので、その点妥協しているのは確か。
もし我が家が「都市ガス」だったら、オール電化は考えなかったかも
しれません。



今回、オール電化を考えた理由は大きく分けて3つあります。

  ①プロパンガスの高さ、価格設定の不透明さに嫌気がさしたこと。
  ②ビルトインのガスコンロがかなり古くなり、夏頃に取り替えを
    考えていたこと。
  ③ガス給湯器は壊れていないのですが、耐用年数から考えて
    そろそろ取り替え時期であったこと。


特に①に関しては、こちらに住むようになってからず~っと引っかかって
いたことでもあります。
実家時代は都市ガスだったので、プロパンガスがこんなに高いなんて
知りませんでした。

今住んでいる千葉の家は、私が中学生の時にセカンドハウスとして
両親が建てたものです。セカンドハウスなので、使うのは当然週末や
夏休み、お正月といった休日のみ。
だからプロパンガスでもあんまり気にならなかったのかもしれませんが、
今の私にとっては毎日生活する場。光熱費のことはやっぱり気になります。
オール電化になって、この悩みの種であるプロパンとさよならできるなら
これはかなり嬉しいことではあります◎

あとのふたつ、②と③はある意味グッドタイミング!
ビルトインガスコンロとガス給湯器を買い替えると、総額で30~40万くらい
かかるみたいなので、その分をオール電化に回せる上に②と③が解決できる
のなら言うこと無しです◎


…という今の状況から、どの業者さんに頼むかは検討の余地ありですが、
オール電化にすることは決定!
母とも嬉しいことに意見が合致して、これから二人で業者さん探しをして
いく予定です。


新しくキレイになったキッチンを思い浮かべては、とってもワクワクドキドキ
しているkeiでした!






よろしければポチッとお願いします
         ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by leica1114 | 2013-06-10 21:17 | 家電 | Comments(4)