otter tail

leica1114.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:家電( 33 )


2016年 03月 25日

久々のバリスタ

ここ数年ず~っと放りっぱなしにしていたバリスタ

購入当時は、便利~◎!とよく使っていましたが、コストコでスタバの豆を
購入するようになってからは、お気に入りのドリップ道具を少しずつそろえる
ようになり、今ではすっかり本格ドリップ派に。 ←オーバー(笑)

そのせいですっかり使わなくなってしまったバリスタでした。

そんな時、モラタメでネスカフェのバリスタ用「エコ&システムパック」の商品が
お安く2種類お試しできるとありポチッ。

それが昨日届きました~◎

e0318091_1453831.jpg
どちらも、私がバリスタを愛用していた頃にはなかった商品です。

今回少し調べたら、バリスタに使える商品が昔に比べてずいぶん増えて
いました。昔は定番の「ゴールドブレンド」と「香味焙煎」が2種類くらいと
合わせて3種類くらいしかバリスタ用の商品がなかったのに、今はなんと
10種類くらいある!


      びっくりー!!



カフェインレスのゴールドブレンドまであるので、カフェインを
摂りたくない or 摂れない という人にもいいですね。

いろいろ調べていたら、バリスタを買った当時のワクワクがよみがえって
きました。うふふ。
そのワクワクが消えないうちに、ほったらかしていたバリスタから取り外せる
部品を全て外し、本体をキレイに拭きあげて…

e0318091_14533084.jpg



外した部品は中性洗剤でピカピカに洗いました。

バリスタの部品はそれなりに凹凸のあるものが多く、乾かす際に
しっかり乾かさないとセットしたインスタントコーヒーがバリスタの
中で湿気る原因になってしまいます。

湿気るとコーヒーの粒が固まり、バリスタ内部にこびりついてしまって
コーヒー粒がお湯と混ざる部分に下りてこなかったり、本体の動きが
妨げられたりします。

なので、乾燥はしっかりと◎

e0318091_14534452.jpg
今日は晴れていたので、外でお天道様にお任せしました◎


さっき乾いた部品を全てセットし直したので、あとで数年ぶりの
バリスタ生活再スタートです!

ドリップは時間があるときにはいいのですが、時間がない時や、
ドリップ後の洗い物がメンドクサイ時(←ダメ人間)などもあって…

そんな時はバリスタ最強(笑)!

出勤前、こちらに入れてサッと持って行けるのがとてもイイ◎…と
思っていた数年前を思い出しました。
        ↓
e0318091_1715658.jpg
ちなみにこの使い捨て紙コップはバリスタを使わなくなってからも
買い続けてます。

私は基本的に持ち歩き用の飲み物はタンブラーへ入れて行くのですが、
コーヒーだけは別。コーヒーの匂いってタンブラーのパッキンやプラ部分に
付いてしまうとなかなか取れないですよね(私だけ?)。
匂い移りを防ぐため、金属製のタンブラーを愛用していますが、本体は
金属製でも飲み口はプラスチックなんですよね~。

だからあんまりエコではないこと承知ですが、コーヒーだけはこのカップを
使うことに。デットパックというメーカーの「ホットカップ」という商品で、いつも
LOHACOで購入してます。
熱いものを入れても、アツツッとならないよう周囲に凹凸がついた二重構造に
なっていて本当にお気に入り!

これからもお世話になります。

今後はバリスタとドリップとを上手に併用していきましょ~◎






おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2016-03-25 17:41 | 家電 | Comments(0)
2015年 10月 20日

RX100でお遊び

9年振りに新しくしたデジカメが可愛くて仕方ない◎

最近のデジカメではもはや標準装備になっている(?)
ピクチャーエフェクト機能に夢中です!

RX100にも、ご多分に漏れず様々なピクチャーエフェクト機能が
付いているのですが、中でも私が夢中なのは「パートカラー」機能。
特定の色のみカラーで写し、それ以外は白黒にできる機能です。
言葉で説明するより実際に見てもらった方がいいですね。

黄色のパートカラー。
e0318091_14155068.jpg


同じく黄色でガーベラを。
e0318091_14163100.jpg

e0318091_14161469.jpg
(茎が長すぎてバランス悪っ)

同じことができるアプリを数年前からiPhoneに入れているのですが、デジカメで
撮った写真を加工するためには、メモリーカード内の写真をいったんiPhoneに
入れなくてはいけないので割とメンドクサイ…
まぁiPhoneのアプリなので、基本的にはiPhoneカメラで撮った写真の加工に
使うことが前提…当たり前ですが仕方ないですよね。
でもこの「パートカラー」エフェクトがけっこう好きだったので、それがカメラ単体で
できる、しかも被写体にカメラ向けている時からできるっていうのはすごく便利です。

パートカラーのバリエーションは、赤・青・黄・緑の5色なので、あまり多くは
ないけれど、なんだかとっても楽しくてしばらくハマりそうです(笑)




おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2015-10-20 14:30 | 家電 | Comments(0)
2015年 10月 01日

newデジカメがやってきた!…ところが…

この度、3代目のデジカメを迎える運びと相成りました◎

…とその前に、長い間ブログをサボってしまい反省しています(汗)
デジカメも新しくなったことで、心機一転もっとちゃんとブログを更新して
いかなくっちゃ(笑)

まずはその手始めにnewデジカメをご紹介です◎

e0318091_1544619.jpg


購入したのは大好きなSONYから出ている「DSC-RX100」
今年の夏前に「RX100M4」という第四世代が発売になりましたが、
私が購入したのは初代の「RX100」です。

こちらの初代「RX100」が出たのは、なななんと2012年。
3年前のコンデジなのですが、ビックリなことにいまだ現役でSONYの
本家オンラインショップで売られています。
これってデジタル商品の世界ではかなりスゴイことですよね。

デジタル商品って、普通は次世代モノが出ると旧世代モノは生産が終わり、
だんだんフェードアウトしていくのがセオリー。
ところがこの「RX100」は、初代「RX100」、第二世代「RX100M2」、
第三世代「RX100M3」、第四世代「RX100M4」まで全世代が現役で
生産され続け、売られ続けています。

「RX100」は発売された2012年、デジカメ界ではかなり話題になった一品です。
誰もが知っているアメリカの超有名雑誌「TIME」では、毎年その年の一番優れた
発明品を独自に選んで発表しているのですが、2012年は見事に「RX100」が、
2012年最高の発明品として「Best Inventions of the Year 2012」を受賞!

すごいよ、RX100!!

でも始めの頃、私は次のデジカメとしてコンデジの「RX100」ではなく、同じSONY製の
ミラーレス一眼レフにする気でいたんですね。
ところが、どれにしようかな~なんて迷っている間に…なんと兄がSONYのミラーレスを
購入…こっちに遊びに来た時に「すごくいいよー!」と楽しそうに 自慢 披露…。

くぅ…SONY好き度で言えば明らかに、私>兄
なのに先に買ったのは兄。

今まで買ったSONY製電化製品の数、圧倒的に、私>兄
なのに先に買ったのは兄。


なんだかすごーく先越された感があったため、そこで新しいデジカメへの
購入意欲が下がってしまいました(笑)
二代目のデジカメとして使っていたパナソニックの「DMC-LX2」には愛着が
あるし、もちろん壊れてもいないので、結局もうしばらく使い続けることに。

e0318091_1544353.jpg
(↑ 私にしては珍しいパナソニック製品。レンズがライカ製なので購入!)


でもこの夏あたりからやっぱり新しいデジカメ欲しいなぁ、どうせ使いこなせないから
やっぱりコンデジでいいかも、でもどうせ買うならちゃんとしたコンデジがいいので、
5万円以上で探そう、ということになり行き着いたのが「RX100」だったのです。

(ここまでの説明が長…)

ネットで探すとけっこう安く売っているところがあったので、そこでポチ。
(本家ネットショップでは、発売当時よりは値段が下がり6万弱)
昨日おうちに届いてワクワクしながら充電→テスト撮影。

噂には聞いてたけど、F1.8のレンズは背景のボケ具合がすごいな~◎
センサーサイズが大きいとやっぱりこんなに違うんだ~◎

なんて楽しんでいたのですが、何気なく空を撮ろうとした時にそれは起きました

青空にカメラを向けると、液晶の右上にぼんやりとした影が…
カメラを動かしても同じ場所に影。レンズに何か付いてる?
ところがレンズには目視する限りゴミらしきものは何も付いておらず。

とってもイヤな予感…

これってたまに聞く、カメラ内部のセンサーにゴミが…というアレでは…(涙)
結局、影が写っている写真を3枚ほど購入先のショップにメールで送りました。

          送った写真はこちら
               ↓
e0318091_15562556.jpg
(絞りを開放して明るい場所を撮ると濃くなる影)

さすがにここまではっきり影が写っていたら初期不良で交換だろうな、と
思いながらも、ネットショップで購入するとこうゆう時揉めてメンドクサイ…という
話も聞くので、気は重くなる一方△


メールを送って30分後。ショップから電話があり、結論から言うととてもスムーズに
話が進み、即交換ということになりました◎
ショップの方はすごく腰が低く、平謝りされて、なんだかこっちの方が申し訳なくなって
しまうくらいでした。交換品が届くのは明日。

週明けからどんどん使って、このブログにもたくさん写真をアップしていきたいと思い
ますので、サボりすぎてしまった「otter tail」をこれからもよろしくお願いいたします◎





おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2015-10-01 16:19 | 家電 | Comments(0)
2015年 04月 14日

エルゴラピード充電池交換

ライカの抜け毛対策のために購入した、コードレス掃除機
「エルゴラピード」。
ライカがいなくなってしまってからは、使う頻度が格段に
減りました。ここ一年くらいは充電することもなく自室隣の
ホビールームに放置状態…△
先週久しぶりに使おうと思って充電してみたところ、
長年の放置のせいと経年劣化のせいとで、充電機能が
著しく低下していました。

そこで、製造元のエレクトロラックス社のHPから、充電池の
交換ユニットを注文。本日それが到着。
e0318091_1531758.jpg


エルゴラピードの充電池交換は、充電池そのものを交換する
のではなく、充電池が内臓されているハンドクリーナーごと
交換するというかなり非エコな方法…△
「もったいない精神」が浸透している日本では、購入前に
この点にひっかかりを覚える方が多いようです。
私も正直引っかかりましたが、他のコードレス掃除機と
比較したときに、充電池交換以外の面でエルゴラピードに
軍配が上がったので、割り切って購入に踏み切りました。

コチラが今回届いたnewハンドクリーナー。
             ↓
e0318091_15311697.jpg


さっそく交換です。
e0318091_15312323.jpg


とは言っても、ハンドクリーナー部分を入れ替えるだけ。
e0318091_15341170.jpg
交換完了(笑)!


届いたハンドクリーナーは既に充電されていたので、交換して
すぐに掃除機がけをしました◎
(当たり前ですが)パワーも運転時間もばっちり!

交換前の古い充電池では、フル充電しても私の部屋を全て
かけ終われないというヘタレっぷりだったので、もう素晴らし~の
一言です◎
とっても気持ちよくスイスイとお掃除できたのですが、ひとつだけ…
ストレスを感じたことが…△


経年劣化により、ハンドル裏の滑り止め用部品がベタベタに(涙)
(グレーの部品です)
e0318091_1531354.jpg

滑り止めのためにラバー塗装されていたので、そこが経年劣化に
よって加水分解されてしまったようです。
appleの純正イヤホンとかも使わずの仕舞い込んでおくとよく
こうなる…
定期的に使っているものなら大丈夫ですが、使わないで長く置いて
しまうとこうなってしまうのはゴム素材の宿命△

劣化してしまったベタベタの被膜を落とすために、消毒用エタノールで
ひたすら拭き拭き…
e0318091_15314239.jpg
無水エタノールが欲しい…と思いながら拭き続けること10分…
なんとか満足できる手触りになりました◎
ベタベタ被膜を拭き取ったので、ラバー塗装はすでになくなり、
もう滑り止め効果は期待できませんが、ベタベタよりマシなので
良しとしましょう(笑)

せっかく充電池交換をしたので、これからは放置せずに
使い倒さなくっちゃ!



(エレクトロラックス社のHPによると、最新型のコードレス掃除機
 「エルゴパワー」は、充電池そのものの交換が可能だそうです)








おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2015-04-14 16:38 | 家電 | Comments(0)
2014年 12月 18日

6Plus がやってきた!

先週の日曜日、予約したiPhoneが販売店に届いたという
知らせがようやく入りました。

日曜日は仕事だったので、月曜日に行くことにして、大急ぎで
iPhone用のカバーをネットで注文。あわわ(焦)!
カバーが届くのは火曜日なので、月曜日はカバー無しで過ごす
ハメになってしまいました。


ともあれ、無事に6Plusが年内に受け取れてホッ◎
e0318091_13501168.jpg
いつものことながら、小憎たらしいくらいのクールなパッケージング(笑)


じつは先週、知り合いの持っていたゴールドの6を見せてもらった時に
「はぅあっ!やっぱりゴールドカワイイかも…!」とか思ってしまったので、
シルバーに予約変更したことをほんのちょっぴり後悔していたkeiです(笑)

でも改めてシルバーを手にし、ゴールドへの未練が断ち切れました。
ゴールドはもちろんカワイイのですが、シルバーのニュートラルな
シンプルさにはやっぱり捨てがたいものがあります◎
e0318091_13502658.jpg


3GS以来の丸っこいデザイン。
e0318091_13503835.jpg
3GSは、丸っこくてそこそこ厚みもあったので、
擬音で表現するなら「コロン」という感じでしたが、
この6Plusは「「ぺったり」という感じ(笑)


さっそく4Sのバックアップを取り、新しい6Plusをそのバックアップで復元。
e0318091_13505341.jpg
3年前に3GSから4Sへ機種変換したときには、アプリを使って
電話帳だけ移行して、そのほかのデータはいっさい復元しないで
一から手動で構築しました。
その方が中身も一新されて、いかにも「新しいiPhone◎」という感じが
するかな~なんて思ったり思わなかったり。
今回はバックアップから復元したせいですごく楽でしたが、壁紙から
アプリの並び方まで全て4Sと同じ。やっぱり少し新鮮味がなかった
ので、けっきょく手動で壁紙を変えたりアプリを整理したりと、いろいろ
手を加えてしまいました。


次の日にはカバーも届いて、ようやく本格始動!
e0318091_13511441.jpg
「elago」というアメリカのメーカーのものをチョイス。
当初はアップル純正のカバーにする予定だったのですが、
(自分の中で)ちょっと残念なところがあったので涙を呑んで
断念…△

「elago」は初めて使うメーカーだったので、少し心配してたけれど、
実際に付けてみたらかなりイイ感じ◎
いつか買い替えるときもきっと「elago」にしてしまいそうです◎
e0318091_13513119.jpg
色はライカのイメージカラー「赤」!

なぜかelagoは赤を2色展開していてかなり迷いましたが、最終的には
鮮やかな「Extreme Red」にしました。
(もう一色、少し淡い赤「Italian Red」があります)
e0318091_14304665.jpg


新旧iPhoneを並べると、同じ赤いカバーのせいで、親子のよう(笑)
e0318091_13514983.jpg


斜めから撮ったので分かりにくいですが、旧iPhone液晶の長辺が
新iPhone液晶の短辺とほぼ同じというすごさ!
e0318091_13521391.jpg
最初はやっぱり「大きいな~」なんて思っていましたが、1時間も触って
いると、もうすっかり慣れてしまって違和感は全くなくなります(笑)


最後に…

6及び6Plusは液晶の縁が側面に向かってカーブしているので、
今までのように液晶保護シートが端から端まで貼れません。
丸みに沿うようカーブの付いた立体シートも売り出されているようですが、
精度がいまひとつで気泡が入りやすいようなので、今回は見送り。
普通のシートにしました。

おかげで前面の端っこはシートで覆われていない部分が。
e0318091_1353853.jpg

e0318091_13531585.jpg
これは最初のうちけっこう気になりました△
シートの貼ってあるところと貼ってない所の境目がなぁ…なんて
思ってしまって…でも不思議なもので、今ではほとんど気にならず。

全体的にかなり満足度の高い機種変換になりました◎
大画面のおかげで、電子書籍は読みやすく、ネット閲覧もしやすくなって、
私にはとても合っている6Plusでした。
ただ、そうゆう目的のない人には確かに持て余す大きさかも、とも
思います(笑)





おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-12-18 15:00 | 家電 | Comments(2)
2014年 12月 11日

省エネ

先日、急にVAIOのキーボードが効かなくなりました。
ワイヤレスなので、多分電池が切れてしまったことが原因だと思い、
さっそくキーボードをひっくり返して電池カバーを外したら…
e0318091_16133920.jpg
出てきたのはSONY純正の電池。

私は自他ともに認めるSONY好きですが、電池はエネループの
充電池を使っているので、この電池は私が個人的に買ったものでは
なく、パソコンを買った時に付いてきたもの。
ということは、今回の電池交換はパソコンを買って以来初めてだと
いうことになります。



えぇー!スゴイ!



このパソコンを買ってもう2年以上経ちますが、その間この
たった一つの電池でずっと頑張っていてくれたなんて!

人によっては、まぁそんなもんじゃない?と言われるかも
しれませんが、これって先代のVAIOに比べるとビックリな
省エネ化なんですよー!

先代VAIOと並べてみました。(2代目VAIOは電池交換済み)
e0318091_162159.jpg
先代のVAIOは電池4本使いの大食いさん。
しかも交換の頻度も格段に多くて、確か半年に1回は
交換していました。

電池の本数が1/4

交換の頻度が2代目VAIOの場合、3年に1回。
(先ほどブログで調べたら、現在のVAIOは2011年12月に
手に入れていました)
つまり、交換の回数が1/6


単純に計算して、1/24の省エネになっています◎
家電の進化ってめまぐるしいものがありますね◎

白物家電やノートパソコンと違って、あまり省エネ化に注目が
集まらないデスクトップパソコンですが、キーボード一つとっても
これだけの省エネ化。
ついつい普段はデザインの進化にばかり目を奪われてしまいがち
だけど、ちゃんとこうゆうところも見てあげなくてはいけませんね(笑)


でも新旧のVAIOだとデザインの進化もやはりはずせないところ◎
新しい方もすでに3年前のものですが、このVAIOが届いた時に、
キーボードのスッキリとしたデザインにとても嬉しくなりましたっけ。

並べてみると、先代VAIOのキーボードはごついですね(笑)
e0318091_16213816.jpg



下の写真では伝わりにくいのですが、厚みもかなり違います。
e0318091_16214530.jpg
先代はフタが付いていたことで厚みがアップしていました。
キーボードを使わない時にはカバーできるので、最初は便利な
ものだと歓迎していたこのフタ。
実際に使ってみると、フタが付いていてもけっこう汚れる…

しかも…


ぱた
e0318091_1622692.jpg


ぱた
e0318091_16221370.jpg


ぱた
e0318091_1622208.jpg
…と開けると…

このボリューム!デカッ!
e0318091_16222634.jpg
いちおう、この折りたたんだフタ部分がリストレストに
なるということのようですが、あんまり恩恵を感じない△

なので、この新タイプはとっても使い勝手良しなんです◎
e0318091_16225732.jpg


専用の極薄なシリコンカバーもフィット感が半端なく
いいですし◎
e0318091_1623593.jpg


ホコリが付いたりしたら、たまに洗ってあげます。
(これは乾かしているところ ↓ )
e0318091_16231567.jpg
白いので、時間とともに変色して黄ばんできたりするのかな、と
心配していましたが、3年経ってもその気配は全くありません◎

ついでなので、マウスもキレイに拭いてあげました◎
せっかくなので、こちらも省エネ比較!
e0318091_16232610.jpg
先代は電池2個。今使っているのは1個。
こちらも交換頻度が格段に減りました。先代はキーボードより
頻繁に交換(2~3ヶ月に1回)していましたが、今は半年以上余裕で
もちます。



最後に…

もう使っていない先代キーボードの中に入れっぱなしになっていた
エネループに電気が残っていて、まだ全然使えたことにビックリ!
3年も忘れてほったらかしていたのにスゴイ◎
でもいちおう充電し直し。
e0318091_16233584.jpg


充電済みのエネループ入れを増やさないといけませんね◎
e0318091_16234355.jpg







おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-12-11 17:08 | 家電 | Comments(0)
2014年 11月 27日

iPhone6 Plus 予約

一昨日、iPhone6 Plusの予約に行きました。
「大きすぎる!」とか、「裏のデザインがダサい!」とか、一部で
散々な言われようのiPhone6、および6Plusですが、機種変する
ことに決めた理由は二つ。

 ①今のiPhone4sでは電子書籍を読むのが少し辛くなってきた
 ②テザリング機能を使いたい(4sは非対応)

②だけの理由だったら、6Plusではなくただの6か、もしくは5sに
機種変するという手もありました。
ただ、そこに①の理由が加わると、6Plusという選択が有力に
なってきます。

それでも6Plusの大きさに批判的な意見を聞くたびに、
心は揺れ…どうしようかなぁと迷っているうちに発売から
あっという間に2か月以上経ってしまいました。
このままだと年内に機種変できないかも…というわけで、
一昨日ようやく重い腰を上げてソフトバンクへ。



ちなみに、私の第一希望は(とりあえず)6Plusのゴールド、
64GBでしたが、お店のスタッフ曰く、64GBは一番人気なので、
16GB・128GBに比べると、受け取りが遅くなるとのこと。
そして、カラーによる受け取り時期の違いはほとんどないとの
ことでした。ナルホド。

簡単な説明を聞いた後は、予約手続きの順番が回ってくるまで
30分くらい店内をウロウロ。
最近ソフトバンクでもようやく発売になったSONYのXperiaを
見ては心が動いてしまったり、スマホと連動する体組成計を
ガン見してみたり、フルセグの見られるフォトフレームのパンフを
読んだりと、充実した(?)時間をすごしましたが、一番時間を
かけて見たのはやっぱりiPhoneコーナー。

まずは「大き過ぎる!」と非難ごうごうの6Plusを手に取って、
自分に「大き過ぎない!」と暗示をかけること数分。
さらにひっくり返し、「ダサい!」と非難ごうごうの裏面デザインを
目に焼き付けながら「ダサくない!」と暗示をかけること数分。
周りの方には気付かれないように自分と闘っていたkeiです。

でも、店頭のiPhoneには充電用のコードが横につながっていたり、
盗難防止用の太いコードが裏につながっていたりと、普通に手に
持つことができない状態…何度手に持ってもこれが自分の手に
ちゃんと収まるのかどうかがわかりにくい…△
困ったな~と思っていたら、ちょうど私の順番が回ってきたようで、
スタッフの方がやってきました。そこで、事情を説明したところ、
スタッフの方が私物の6Plusを持たせてくださいました。
持った感じ、確かに大きいけれど許容範囲、という結論を出せた
ので、機種は6Plusに決定!

あとはカラー。
いちおうゴールドを希望していましたが、店頭にたまたま展示して
あったゴールドを見たら、心揺れまくり(笑)
あの「ダサい!」と非難ごうごうだった微妙なDラインが、ゴールドだと
ものすごく目立つんです(泣)
ゴールドの色自体は大人っぽくて上品な色だと思うのですが、
いかんせんあのDラインが…△
何度自分に暗示をかけても、「やっぱりダサい!→ダサいけどここは
もう諦めて→まぁ何度も見てればいずれ慣れるんじゃない?→どうせ
カバー付けちゃうし→でもカバーの下にはDラインかぁ…→結局ダサいと
思ってるんでしょ?→うぅ…だってやっぱりダサいんだもん!→…

ってな感じで無限ループに…△
しかもスタッフの方が貸してくださった私物6Plusがシルバーで、
これだとDラインが目立たないという事実にも気づいた上に、スタッフの
方から「私も最初はゴールドにしたんですけど、結局一か月くらいで
シルバーに変えちゃったんですよー」なんて言葉まで。

うわぁー!
優柔不断な私にそんなこと言わないでー!


か~な~り心が揺れたのですが、ここは初志貫徹しよう!と
最終的になんとか
   「6Plus ゴールド 64GB」
で予約してきました。でも家に帰ってからもまだ心揺れまくり(笑)

これではいけないとばかりに、気持ちを切り替えるため、
ネットで6Plus用のカバー選びを始めました。
するとそこで、見落としていた当たり前の事実が…カバーを付けても
ゴールドがチラリと見える可能性が高いけど、そうなるとゴールドと
相性のいい色のカバーを選ばなくちゃいけなくなる?
それって色選びの幅を狭めちゃうんじゃ…?

うわっ

にわかに自分の中でシルバー株が急上昇!


けっきょく一時間前にした予約を取り消し&シルバーで再予約を
するため、もう一度ソフトバンクへ行くことに(笑)
予約票を書き換えてもらい帰宅したのでした。
e0318091_1435085.jpg
ついでになんとなく容量まで変更。
もうこうなったら最大容量にしちゃえ!と128GBにしてきました。

スタッフの方が言うには、64GBだと受け取りまで一か月くらい。
年内受け取りは少し微妙なところだそうです。
16GBは早ければ一週間くらいで受け取れることも。128GBだと
二週間くらいとのことでした。

私はいつ受け取れるかな。
とりあえず年内には確実に受け取れそうなのでホッとしました。




おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-11-27 09:00 | 家電 | Comments(0)
2014年 07月 28日

スタイラスペン

先週はなんだか忙しかったのと暑かったのとで、まさかの
週一更新になってしまいました(焦)

まずいまずい…心を入れ替えて、今週は月曜日から元気に
更新していきます(笑)


とは言え、内容的にはずいぶん前…



iPad用に「スタイラスペン」を買いました。
散々迷って選んだのはAdonit社製の「Jot pro Dampeng」!
e0318091_12485530.jpg
買ったのは先月ですが、その時急に「絵描きブーム」が到来。
iPadに評判のいいペイントアプリを4つほど入れ、最初は
指で描いていたけれどさすがに限界が…△

どうも上手く描けない…(←私基準で)

なぜ…?

分かった…!

うまく描けないのは指のせいだ!
道具が揃えばちゃんと描けるはず!という自分への
言い訳もあって物欲に火が点きました(笑)



そこからスタイラスペン選びの旅に出ましたが、やっぱり
物を買うときって、どれにしよ~かな◎と迷っているうちが
一番楽しいですね◎

本当は「Jot Script」というものにしたかったのですが、
Bluetoothの規格が私のiPad2とは合わなくて泣く泣く
諦めました△
ていうか、スタイラスペンにBluetoothが付いてるって
ことにビックリ(笑)


でも、第二希望だったこの「Jot Pro Dampeng」も
そうとう気に入っています◎ ←デザインが
e0318091_1249918.jpg
Amazonで買ったので、実物を見ずにポチっと。
ラバーグリップが安っぽかったらイヤだなーと心配していたら
いい意味で裏切ってもらえて嬉しかったです◎
ラバー部分だけでなく、アルミ合金のマットな質感もステキで
本来の描き心地とかどうでもよくなってしまうほど(笑)


ペン先には透明チップ。これが外れてしまうと描けません。
e0318091_12491778.jpg



チップを保護するためにキャップが付いていますが、
キャップがネジ式なのが好きなところ◎
e0318091_12493112.jpg
ネジ式だと開け閉めが面倒くさいという方もいますが、
私はそっちの方が好みなんです。


外したキャップはペンのお尻にやっぱりネジで付けて
おくことができます。
この収まりのキレイさがまたステキー◎
e0318091_12494280.jpg
段差なくはまって美しい◎



一番お気に入りのペイントアプリは「Procreate」。
e0318091_12495230.jpg
大学時代に買った建築雑誌から模写したりして楽しんでいます◎





おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-07-28 14:13 | 家電 | Comments(0)
2014年 07月 15日

扇風機

ここ何年も、買おうかな?もうちょっと待とうかな?と
迷っていた扇風機を、とうとう買うことにしました。

迷っていた扇風機は「Greenfan
e0318091_15125575.jpg
DCモーター採用のオシャレ扇風機です◎
少しずつマイナーチェンジをしながら、今年で4代目に
なる「Greenfan」ですが、今年出た機種で、私が付いて
欲しいと思っていた機能がほぼ全て搭載されたため、
購入を決めました◎

ところがそこで一つ大きな問題(?)が…
この問題が解決しないため、いまだ購入ボタンをポチっと
できずにいます…△
その問題とは、ズバリ「色」!
どの色を購入するか、優柔不断なため決められず、すでに
二週間が経っております(笑)

まず、Greenfanにはベーシックカラーとして「ブラックxホワイト」
「グレーxホワイト」のツートーンカラーverがあります。
それに加えて、今年の新機種には限定色の「シャンパンゴールド
xホワイト」が加わりました。
当初はこのシャンパンゴールドが良さげに見えて、これにしようかなー
なんて迷っていたら、ネットショップでは一週間前に完売△

あわわ!と焦ってGreenfanの販売元であるバルミューダ社へ
電話してみたところ…
ネットショップでの限定販売だったシャンパンゴールドが、
6月末から限られたお店で店頭販売されていたことを教えて
くれました。そこでそのお店へ電話→1個だけ残っていた限定色
シャンパンゴールドを取り置きしてもらうことに成功しました◎
(実物見た上でのキャンセルもOKです、との有難いお言葉もあり)


わーい、これで一安心◎
もうすぐ我が家に限定色のGreenfanが!とワクワクしながら
さっそくお店へ◎



ところが…実際に見たシャンパンゴールドは思っていた以上に
ラメっていて…かなりイケイケな雰囲気(笑)
離れて見るとそうでもないのですが、少し近づくとかなりラメラメ。
お店の方に許可を得て撮らせていただいた写真だと、このラメ感が
分かりづらいのですが、一応載せるとこんな感じです。
e0318091_15181032.jpg


うーん、実際のラメ感とは程遠い△
e0318091_15182596.jpg


これもまだまだ…実際はこの距離から見ても
かなりラメっています。
e0318091_15184220.jpg


実際はこの10倍くらいラメってると思ってください。
e0318091_15185741.jpg
この正面のファンガードは、マット加工のために細かい
凸凹があり、それによってラメのつぶつぶ感が倍増されて
いる感じ。
置く場所によってはとってもカワイイと思いますが、私の
部屋には残念ながら合わないという結論を出して、申し訳
なく思いながらキャンセルをしてきました。


その結果、また色選びの無限ループにはまっています。
今度は2択ですが、どちらも捨てがたい。

グラック or グレー


最初は、シャンパンゴールドがキャンセルなら迷わずブラック、
と思っていたのに、お店で見たグレーがけっこう可愛くて、また
迷う羽目になりました。
e0318091_15355681.jpg
でも、ブラックのザ・Greenfanという佇まいもやっぱり
捨てがたい。

黒いファンガードは空間がグッと引き締まる良さもありながら、
狭い部屋だと圧迫感もありそうな…
それに対してグレーは圧迫感がなくてスッキリしているけど、
見ようによってはいたって「普通の」扇風機、という物足りなさも。

う~ん、う~ん…



シャンパンゴールドを見に行ったお店は、新宿のコンランショップ
でしたが、薄暗いオシャレな雰囲気だとなんでもかっこ良く見えて
しまいます(笑)
そのせいでグレーが良さげに見えていた可能性もあるかも…と、
昨日は近所のケーズ電器にも行ってきました。残念ながらブラックしか
なかったのですが、こんな感じ。
e0318091_15432190.jpg
う~ん、う~ん…この空間でグレーを見たい!



みなさんならどちらにしますか(笑)?




おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-07-15 15:56 | 家電 | Comments(0)
2014年 07月 09日

久しぶりの真空パック器

元々ライカのドッグフード用に購入したものでした。
だから、ライカが逝ってしまってからは一年以上仕舞われたまま。
それを、今回はコストコで買ったコーヒー豆の保管のために
引っ張り出してきました。


e0318091_11564266.jpg
使い方はいたってシンプルなのですが、一瞬「どうやって
使うんだったっけ?」と分からなくなってしまい、ネットで
調べる場面も(笑)


以前は、13kg入りの大袋ドッグフードをひたすら800gずつ
小分けて真空パックにしていました。
量が量だけに、全てパックし終えると一種の達成感が(笑)
今回は900g入りのコーヒー豆を120gずつ小分けて
真空パックに。ドッグフードのボリュームに比べたら、
笑っちゃうくらい少量なので、あっという間に終わって
しまいました。

小分けたのは、コストコで買ったスタバ豆。
e0318091_1156487.jpg
以前もブログに登場しましたが、リピ買い商品の一つです。

中には挽かれていない豆が入っているので、飲む前に
コーヒーミルで挽きます。
私が使っているコーヒーミルはポーレックス社製のもの。
一回に30g挽けるので、4回分ということで120gずつの
パックにしてみました。(60gずつでも良かったかも)
e0318091_11565530.jpg
なにはともあれ、これで豆の酸化をある程度防げます◎

コーヒーセミナーを受けた時に、豆の保存場所として
冷蔵庫や冷凍庫は避けた方がいいと聞きました。
低温にできることは素晴らしいのですが、コーヒー豆は
周囲の匂いをどんどん吸ってしまう性質を持っているので、
匂い移りにより風味がガクンと下がってしまうらしいのです。
確かに…コーヒー抽出後の粉を、脱臭剤としてリサイクル
したりするって聞きますもんね。
コーヒー豆専用の冷蔵庫でもない限りは、空気にできるだけ
触れないようにして常温保管の方がマイナス面が少ないそうです。





ずいぶん前にブログでも紹介したポーレックス社製の
コーヒーミル。使い心地はそうとう良し◎
e0318091_1157121.jpg
好みの挽き具合も分かってきたし、もう手放せないものに
なってます◎

分解洗浄できること、挽いた粉が取り出しやすいこと、
携帯できるくらいコンパクトであることなどなど…
いいことづくめ◎
今まさにコーヒーミルを探している、いう方がいたら、
絶対にお勧めしたい一品です◎





おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-07-09 13:13 | 家電 | Comments(0)