2016年 03月 17日

プラシオス用手作りベッド

ほんっと~に久しぶりの更新です(笑)

ノラっ子だったプラシオスを保護してからバタバタとしていましたが、
先日ようやく無事に2回のワクチンと去勢手術も終わり、一段落して
一息ついたところです。

保護した当時の悲痛な夜鳴きもすっかり収まり、去勢手術の後は
マーキングも全くなくなりました。
家の中での定位置もほぼ決まり、プラシオス自身もヒトと一緒の生活に
慣れてくれているようです◎


今週は、火曜日に2回目のワクチンが打てたので、記念に、というわけでは
ないですが、頑張ってくれたプラシオスに手作りのベッドをプレゼント。
定位置の一つになっている私のパソコンデスク上に置く用のベッドです。

e0318091_17324429.jpg
少し前に、カワイイ~とグッときてポチッたツリー柄のファブリック。
何に使うかは全く決めずにポチッたけど、これベッドにしたらそうとうカワイイ
んじゃない?と考えだしたらワクワクが止まらず(笑)

ワクチンから帰宅後、ミシンを引っ張り出して作ってみました。

e0318091_1733687.jpg
なんとなくこんな感じ?とあんまりしっかりとサイズを決めずに生地をカット。
さらに、なんとなくこれくらい?とベッドの周りの縁部分を縫いましたが、
適当に作ったにしてはかなりイメージに近いものができてうれしくなりました◎

肝心のプラシオスにもちゃんと気に入ってもらえたようです。

e0318091_17333746.jpg
このベッドを作って以来、明らかに私の膝に乗る回数が減りました(笑)
ベッドを気に入ってくれて嬉しいような寂しいような…(笑)


裏面はツリー柄のグリーンに合わせて、ダークグリーンのオックス生地。

e0318091_17332157.jpg
薄手の帆布くらいの厚さのオックス生地なので、丈夫さ的にも裏面使いに
ピッタリです。
ひっくり返して裏面を表にして使うことももちろんできます◎




                *  *  *



今日はお天気が良かったので、網戸にして外の風をおうちの中へ入れました。
外の香りを興味深そうに嗅ぐプラシオス。

e0318091_17335199.jpg
暑くなってきたら、家中の窓を網戸にすることもあると思いますが、
その時の脱出防止策をどうするのかが目下のところ悩みどころです。

今の所、何が何でも外に出てやる~!という様子は見られませんが、
前回のブログアップ(1/6)後、網戸を開けて早朝に脱出するという出来事が
あったので、油断できないところです。
その脱出後、夜には家に戻ってきてくれたので、また脱出しても戻ってきてくれるとは
思います。でもそれを繰り返してはお外への未練がいつまでたっても断ち切れず
プラシオス自身も辛いし、病気や寄生虫をもらってきてしまっては長い目で見た時、
これまたプラシオスが辛い思いをしてしまいます。

う~ん、どうしたものか。

見栄えを気にしないならいくらでもやり方はありますが、できればあんまり
残念な見てくれにはしたくないので、いろいろ悩んでおります。

梅雨前までには結論を出さなくちゃ~。







おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2016-03-17 18:30 | プラシオス | Comments(0)


<< 初シャンプー!      変化 >>