otter tail

leica1114.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 09日

久しぶりの真空パック器

元々ライカのドッグフード用に購入したものでした。
だから、ライカが逝ってしまってからは一年以上仕舞われたまま。
それを、今回はコストコで買ったコーヒー豆の保管のために
引っ張り出してきました。


e0318091_11564266.jpg
使い方はいたってシンプルなのですが、一瞬「どうやって
使うんだったっけ?」と分からなくなってしまい、ネットで
調べる場面も(笑)


以前は、13kg入りの大袋ドッグフードをひたすら800gずつ
小分けて真空パックにしていました。
量が量だけに、全てパックし終えると一種の達成感が(笑)
今回は900g入りのコーヒー豆を120gずつ小分けて
真空パックに。ドッグフードのボリュームに比べたら、
笑っちゃうくらい少量なので、あっという間に終わって
しまいました。

小分けたのは、コストコで買ったスタバ豆。
e0318091_1156487.jpg
以前もブログに登場しましたが、リピ買い商品の一つです。

中には挽かれていない豆が入っているので、飲む前に
コーヒーミルで挽きます。
私が使っているコーヒーミルはポーレックス社製のもの。
一回に30g挽けるので、4回分ということで120gずつの
パックにしてみました。(60gずつでも良かったかも)
e0318091_11565530.jpg
なにはともあれ、これで豆の酸化をある程度防げます◎

コーヒーセミナーを受けた時に、豆の保存場所として
冷蔵庫や冷凍庫は避けた方がいいと聞きました。
低温にできることは素晴らしいのですが、コーヒー豆は
周囲の匂いをどんどん吸ってしまう性質を持っているので、
匂い移りにより風味がガクンと下がってしまうらしいのです。
確かに…コーヒー抽出後の粉を、脱臭剤としてリサイクル
したりするって聞きますもんね。
コーヒー豆専用の冷蔵庫でもない限りは、空気にできるだけ
触れないようにして常温保管の方がマイナス面が少ないそうです。





ずいぶん前にブログでも紹介したポーレックス社製の
コーヒーミル。使い心地はそうとう良し◎
e0318091_1157121.jpg
好みの挽き具合も分かってきたし、もう手放せないものに
なってます◎

分解洗浄できること、挽いた粉が取り出しやすいこと、
携帯できるくらいコンパクトであることなどなど…
いいことづくめ◎
今まさにコーヒーミルを探している、いう方がいたら、
絶対にお勧めしたい一品です◎





おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-07-09 13:13 | 家電 | Comments(0)


<< 扇風機      2014年初あじさい >>