otter tail

leica1114.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 24日

サラダスピナー

なくっちゃ始まんない!というほどではないけど、あったら
便利だろうなーと思うものって誰でもあると思いますが、
私にとってのそんなものの筆頭が「サラダスピナー」でした。

そこで先月、とうとう意を決して買おう!と決意。
最初はIKEAで売ってる¥300くらいのでいいや~と
思っていたのに、調べ始めたら止まらなくなり、多少高く
ても長く使えそうなもの、使っていて楽しいものにしよう、
ということに。

最終的にOXO(オクソ)の「クリアサラダスピナー(大)」に
決めました◎
e0318091_1231233.jpg



一般的なサラダスピナーは、フタに付いているハンドルを
グルグル回して内部のカゴを回転させるタイプが多いの
ですが、OXOはフタに付いているノブを押してカゴを回転
させます。
e0318091_12313685.jpg
ハンドルタイプだと、片手で本体を押さえ、片手でハンドルを回す、
というように両手が必要なのに対して、OXOは片手でノブを
押すだけなのでとっても簡単◎

ただ、この仕組みのせいでデメリットも…
私はそのデメリットを承知の上で買ったので、全く不満はない
のですが、そうでない方にとっては不満が残る可能性があるので
購入する場合は注意が必要かもしれません。

具体的なデメリットは、ずばり「回転速度不足」です。

回転速度はサラダスピナーにおいて一番キモになる部分なので、
そこが不足してたらお話しにならないんじゃ…と思われそうですが、
ちょっと待ってください(焦)!
あくまでも「ハンドルタイプに比べると」です。

ハンドルタイプは、回す人の頑張りでかなりの高速回転を実現。
でもOXOは、ノブを押すことで内部のバネを伸び縮みさせて
回転を生み出しているので、バネの弾性以上の回転速度には
なりません。
なので、ハンドルタイプ経験者がOXOを使うと回転速度に
不満が残るみたいです。

ネット上のレビューをいろいろ読むと、評価を低めに出している
人のほとんどがハンドルタイプ経験者のように思います。
それに対して評価高めの人には2パターンいて、ひとつは
ハンドルタイプ未経験者。もうひとつは経験者なんだけど、
OXOの特性をわかった上でデザインに惹かれて購入した人。


私はサラダスピナー自体初めての購入なので、ハンドルタイプと
正確な比較はできませんが、OXOのデザインがとっても好きなので、
もし壊れたらやっぱりOXOを買い直すと思います。


OXOは中のカゴ部分もしっかりしてるし、水を受けるクリアな
容器も美しくって使っているときも洗っているときもワクワクして
とっても楽しいです。

どんなものでも使っていて楽しいことは重要ですよね◎
e0318091_12314867.jpg


OXOのクリアサラダスピナーには大小2つのサイズがあります。
私が購入したのは「大」。カタログによると、直径が27cm。高さは
15.5cmだそうです。
e0318091_12321035.jpg
けっこう大きいので、「小」にしようかな、と少し迷いましたが、
ただ今絶賛ダイエット中なため、サラダは欠かせない毎日。
思い切って「大」にしてみました。

結果的に「大」にして正解。
たっぷり水切りして、サラダスピナーごと冷蔵庫の野菜室へ。
2日くらいかけてちょうど食べ切れるので重宝しています。

フタから出っ張っているノブは、下げた状態でホールドできるので、
冷蔵庫の中で無駄なスペースを作ることもありません。
e0318091_12315878.jpg
先月購入して以来、ほぼ毎日使っているので、キッチン用品に
ありがちな「だんだん使わなくなってお蔵入り」というパターンには
ならずに済みそうです(笑)

かなり頑丈なので、そうそう壊れることはなさそうですが、耐久性は
これから使いながら確かめていきたいと思います。



おしまい。
[PR]

by leica1114 | 2014-06-24 13:40 | 買い物 | Comments(0)


<< ムーミン画集      加賀ゆびぬき >>