2014年 01月 07日

初物

1Fのおトイレ用に、初めてLED電球を買いました。

LEDを使ったライトなどは買ったことありますが、電球単体を
購入したのは初めてです。
e0318091_1951081.jpg
おトイレには今まで電球型蛍光灯が付いていましたが、
電球型蛍光灯は、スイッチが入ってからしばらくは薄暗く、
ある程度時間が経ってからようやく明るくなるという特徴が
あります。
そのためいつもおトイレに入ると最初は薄暗~く…用を足して
出る頃に明るさ全開になり、それがプチストレスでした△

そこでLEDに変えることにしましたが、実際に使ってみて
ひとつだけ「え!?」と思ったことが。


LED電球ってけっこう熱くなるんですね△




もしかしたらもう常識なのかもしれませんが、LEDは光っている
丸い部分はあまり熱くならないのですが、その上の部分(黄色
矢印部分)がしっかり熱くなります。
(低ワット数のものはそうでもないとか)
e0318091_1951677.jpg
自室の「Norm 69」にLED付けたらどんな感じかなぁ、と
しばらく付けてみて、その後外そうとして触りビックリ!

指先でちょいちょいと触るくらいなら大丈夫ですが、触り続ける
のは不可能というくらいの熱さでした。



ネットで調べたら、LEDにおいてこの部分は放熱を担う部分でも
あるらしく、熱くなるのは正常だそうです。
そういえば、初期のころのLED電球って、この部分に凹凸が付いて
いるものが多かったっけ。あれには効率良く放熱させる役割があった
のでしょうか。
        コレ
         ↓
e0318091_20162644.jpg
(画像をお借りしています)


熱くならなければ「Norm 69」もLEDにしたかったのですが、
保留することにしました。
スイッチを入れた瞬間から明るさ全開になるLEDは確かに魅力的
ですが、「Norm 69」は電球型蛍光灯特有の「始めのうち薄暗い
感じ」もとってもステキな雰囲気に変えてくれるので、今のところは
まぁいいかな、ということに◎

今使っている電球型蛍光灯がダメになるまでは、とりあえずそのまま
使い続けることにします。






よろしければポチッとお願いします
         ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by leica1114 | 2014-01-07 20:40 | 家電 | Comments(0)


<< お焚き上げ      おまけ >>