otter tail

leica1114.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 18日

ファーストポジション

映画館で観たかったけど観逃してしまった映画、
「ファーストポジション」。

明日19日にDVD&Blue-rayリリース予定なのですが、
Amazonで予約していたら、一日早く今日届きました。

e0318091_2231852.jpg
ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)という、9~19才までの
プロを目指すバレエダンサーたちのコンクールの様子を
撮ったドキュメンタリー映画です。

世界的なバレエコンクールといえば、日本ではやはり
ローザンヌ国際バレエコンクールが有名ですが、あちらは
15~18才までと年齢的な幅が少し違います。

YAGPは年齢の幅が広いので、ジュニア部門とシニア部門
とに分かれています。



映画では、ジュニア、シニアそれぞれの挑戦者の中から
何人かにスポットを当てて、地方予選からファイナルまでを
追いかけています。

さっき観終ったのですが、すごく面白かったです!

この映画はレンタルの予定なしのセルオンリーみたい
なので、観たい人は買うしかなさそうなのですが、こうゆう
のに興味がある方にはおススメです◎


実は私、今は見る影もありませんが、その昔10年ほど
バレエを習っておりました。
最初は家の近くにあった普通のバレエ教室へ。
ただ、そこはモダンバレエのお教室だったので、世間的に
よく知られる古典バレエの振り付けなんかは全く習って
おらず。

その後、クラシックバレエをやりたいな、ということで母と
意見が合い、母がチャイコフスキー記念東京バレエ団と
いう所を探してきてくれました。
当時、直前まで私は知らなかったのですが、こちらのバレエ団は
日本でけっこう有名な所で、付属のバレエ教室に入るためには
オーディションがありました。

最近HPを見たら、かなりバレエ教室のクラス設定が変わっていま
したが、私が行っていた時には至ってシンプル。A、B、Cの3つの
クラスがあるだけで、Aクラスの上は団員でした。

私は小学5年生の頃にBクラスのオーディションを受け、合格して
通うことに。渋谷から田園調布駅行きのバスに乗り換えていかなく
てはいけないということで、家から自転車で5分のところにあった
バレエ教室とは大違い。
小学校へは電車通学をしていたので、下校後にいったん家に帰って
から向かうのでは間に合わず、学校が終わるとランドセルを背負った
まま直接行っていました。

中学校に入学してわりとすぐに、Aクラスに合格したときはすごく
嬉しかったのを覚えています◎
ただ、Aクラスは私以外の中学生は1人だけ。他は全員高校生や
大学生だったので、合格したとはいえもちろん技術はビリっけつ(笑)

結局、母に頼んでA・B両方のクラスに通わせてもらうことに。
そのほかに週1回、チケット制のバレエ教室にも行かせてもらって
いたので、週5日バレエ教室に行くというバレエ三昧な日々に。


今思うと、THE中流だった我が家の経済状況を考えずに、アレに
行きたい、コレがやりたい、というお願いをすんなりきいてくれた
両親に感謝しています。(うちは3人兄弟でしたし…)

レオタード、タイツ、練習用のバレエシューズ、トゥシューズなどなど…
特にシューズは完全に消耗品。他にも必要なものが多かったし、私が
思っている以上にお金かかっていたんだろうなぁ…


映画「ファーストポジション」でも、ご両親が子供のためにお金も
時間もそうとうかけている様子が窺えました。
少なくとも、この映画に出ているダンサーたちはそれにちゃんと
応えているので、応えることなく終わった私からすれば本当に
スゴイ!の一言です。


映画にでているダンサーたちが、その後どんなバレエ人生を
進んでいるのか分かりませんが、素直に頑張れ~!と伝え
たい気持ちでいっぱいです。

そして、自分も頑張らなくっちゃ!っていう気持ちにもさせて
くれたので、今後、モチベーションが下がった時なんかに
威力を発揮してくれそうな1枚になりました。







よろしければポチッとお願いします
         ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by leica1114 | 2013-06-18 23:20 | 買い物 | Comments(0)


<< 明日はいよいよ…      午後から >>