otter tail

leica1114.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 19日

車と涙

仕事帰りに駅から車で家に向かう途中、いつも無性に
悲しくなります。

今までずっと、早くライカに会いたいと思いながら車を
走らせていた道です。

でも、今はどんなに急いで帰ってもライカはいません。
鍵を開ける私をせかすように、玄関のドアを鼻で押しながら
くんくんと言うライカはいません。


そんなことを考えると、面会から帰る時に見せたライカの顔が
頭に浮かんできて、どうしてもっと一緒にいてあげなかったん
だろう…と後悔の気持ちがこみ上げてきてしまいます。

最終的にここに行きついてしまうと、もうどうしようもなく…
あとはただひたすら泣けて泣けて…と、こんなことの繰り
返しです。

家につくまでにはなんとか涙をひっこめていますが、今週は
電車に乗っている時も危ない時がありました△

e0318091_21212015.jpg

考えてみればまだ二七日がすぎたばかり。
悲しみが薄れなくて当然ですよね。

急いだり焦ったりしているわけではないのですが、大人に
なってからは普段泣くことなんてなかったので、予告なく
押し寄せてくる感情に涙がこぼれることに慣れなくて…

じゃあいつかは慣れるのか、というと、いつまでも慣れないと
思いますが、涙腺スイッチが壊れたみたいな状態がどうにも
こうにも…はぁ△







ライカに会いたいなぁ…。










よろしければポチッとお願いします
         ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by leica1114 | 2013-05-19 22:15 | ライカの話 | Comments(6)
Commented at 2013-05-20 01:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-20 10:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-20 16:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leica1114 at 2013-05-20 19:55
RUNさん、お辛い報告だったかと思いますが、教えていただいて
ありがとうございます。

5/11ということはライカとほとんど1週間違いですね。
私と同じ悲しみを、もう誰にも味わってほしくないと思っていた
ところだったのに…RUNさん、月並みな言い方ですが、本当に
心からお悔やみ申し上げます。

私もライカに触りたいよ、抱きしめたいよ、と日々話しかけては
ライカの前で泣いています。
でも、悲しみがどんなに強くても、ライカがくれた幸せにはけっして
勝てないのだと気付いてからは、少し前向きになれたかなと思います。

そして、その幸せな気持ちがずっと残せるように、どんなことをしよう
かな?と考え中です。写真をフォトフレームへ入れるのはすごくイイですね◎
最近は写真集も1冊から簡単に作ってもらえるので、それも検討中です。

私は今回のことで本当にいろいろなことに気付かされました。
人の優しさや、自分の弱さ…そういったものを気付かせてくれた
ことも、ライカが残してくれたギフトだと思ってこれからずっと大切に
していきたいと思います。

「元気出して」とはとても言えない私ですが、前へ進めるよう一緒に
少しだけ頑張っていきましょう。
Commented by leica1114 at 2013-05-20 20:11
eriさんありがとうございます!

お父様の気持ち、とてもよく分かります。
でも、看取ったeriさんに違う辛さがあることも分かります。
私は看取れなかったことももちろんですが、ライカがたった一人で
逝った、ということがとても辛くて…朝早かったので、病院のスタッフ
にも看取ってもらえなかったんです。
それが本当に本当に辛い…誰でもいい、ライカのことを全く知らない
誰かでも構わないので、とにかく誰かにそばにいて欲しかったんです。
人が大好きだったライカだからこそ特に…

そこが叶えられていたら、流す涙も少し違うものだったのかな、と
思ったりします。でも悲しみの重さはきっと同じですね…
Commented by leica1114 at 2013-05-20 20:19
ルーカスママさんありがとうございます!

ルーカス君の写真はさっそく保存しました◎
メールのお返事にも書きましたが、ルーカス君をとっても
愛おしく感じます。
ルーカス君に楽しいことだけが起こりますように、優しさに
だけ包まれますように、心から願っています。


<< 雨      海の近く… >>